収入証明書不要でお金を借りる方法

収入証明不要カードローン
消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、必ず収入証明書が審査で必要になるケースがあります。

収入証明書が必要となるのは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングで、借入限度額が50万円を超える場合、そして他の貸金業者との借入と合わせ100万円を超える場合です。

この場合は貸金業法によって、消費者金融会社などは審査時に申込み者の収入証明書(源泉徴収票・確定申告書・所得証明書・給料明細書直近2ヵ月分等)を取得しなければならないことになっているのです。

しかし、収入証明書不要でもお金を借りることはできるのです!具体的な方法を書いていきます。

収入証明書不要でお金を借りるには

収入証明書不要でお金を借りるには、貸金業者(消費者金融やクレジットカードのキャッシング)であれば、まずは希望限度額を50万円以下で申込みすることです。

そして、今現在の消費者金融やクレジットカードのキャッシング利用残高を計算して、今回申込み金額と合算しても100万円を超えないような申込み金額を書かなければなりません。

以上のことで、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでも収入証明書は不要で借りられます。しかし、消費者金融等の審査で、収入証明書が必要と判断されれば、提出を求められることはあります。

その場合は提出しなければ審査結果は出ない可能性が高くなります。貸金業法では、50万円以下で他の貸金業者と合わせた借入が100万円以下なら原則収入証明書は不要でOKとしていますが、あくまで原則としているだけで、貸付側の審査によって、必要になる場合もあるのです。

銀行カードローンなら収入証明書は不要!

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは50万円を超える場合に収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンであればその金額は最低でも100万円までと倍になります。

銀行カードローンは貸金業者では無く、総量規制は関係がりません。その為、100万円以下なら収入証明書不要としている銀行カードローンがほとんどで、中にはオリックス銀行カードローンのように、300万円以下は収入証明書不要としている銀行カードローンもあります。

イオン銀行カードローンBIGは100万円以下で収入証明書不要となっています。このように、収入証明書不要で借りるならば、圧倒的に銀行カードローンへ申込みした方がメリットが高いのです。

収入証明書不要で借りる方法とは、銀行カードローンへ申込みすることなのです。300万円まで収入証明書不要なオリックス銀行カードローンなら、おまとめローンや借り換えローンでも300万円以下ならば原則収入証明書は必要ありません。

消費者金融へ申込みするよりも、低金利で収入証明書不要、そして限度額も高い銀行カードローンがおすすめです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です