1. お金借りるTop
  2. おまとめローン
  3. ≫おまとめローン後に他社借入は契約違反になるのか?融資を受けるデメリットとは?

おまとめローン後に他社借入は契約違反になるのか?融資を受けるデメリットとは?

おまとめローンは、複数の借入先を一本化し、返済をし易くするメリットがあります。

基本的におまとめローンでは借入よりも返済がメインとなりますが、契約後に追加融資や他社借入が必要になる場合もあるかもしれません。

返済が主なおまとめローン契約後でも、融資を受ける事は実は可能です。

ただし、どんなおまとめローンでも追加融資が認められるわけではありません。

また、他社借入に関しては、信用情報におまとめ契約をしたと思われる記録がみられる場合は、新規契約が難しいと思っておきましょう。

おまとめ専用ローンは追加融資不可能!

おまとめ後に追加融資や他社借入が出来るかどうかは、ローンのまとめ先によるといえます。

銀行でも消費者金融でも、通常のカードローンの他におまとめ専用ローンを扱っている事が少なくありません。

その際、おまとめ専用のローンで契約をした場合は、追加融資も他社借入も不可能になる事が多いです。

おまとめ契約後、返済をしていくと限度額の中で枠が空きますが、おまとめ専用ローンでは限度額内であっても追加融資は受けられません。

専用ローンといわれるように、おまとめ専用ローンの場合は返済専用なので借入が出来ないといえます。

おまとめ専用ローンの契約内容には、追加融資不可能で返済専用であることが記載されている事がほとんどですから、よく内容を確認しまとめ先にするようにしましょう。

ちなみに、一本化した後の限度額を増額すればおまとめ専用ローンでも借入が出来るというような事もありません。

もし、おまとめ後でも追加融資が受けたい場合は、おまとめ専用ではなく資金用途自由のカードローンで一本化を検討するのが良いです。

通常のカードローンであれば、おまとめ・借り換えでの利用が禁止されていない限りまとめ先に出来ますし、限度額の範囲で追加融資が受けられます。

ただ、カードローンは返済専用ではない分、おまとめ審査通過は専用ローンよりも難易度が高いといえるでしょう。

追加融資はおまとめ後のデメリットになるかもしれない?

カードローンでおまとめ契約をすれば、限度額の範囲内であれば追加融資が受けられるのは先述の通りです。

ところが、限度額に空きが出来たからといって、借入をすれば当然ですが残高が増えます。

おまとめローンを契約する目的は、返済を楽にし完済を目指す事です。

すると、せっかく一本化をして借入先と残高を整理したのに、追加融資を受けてしまった事でおまとめ契約をした意味が薄れてしまうといえます。

また、通常のカードローンはおまとめ専用ローンよりも、毎月の約定返済額が少ない場合があります。

追加融資を受けたのに約定返済額だけで完済まで支払いをしていこうとすると、返済期間が長期化し利息が嵩んでしまう可能性が高いです。

おまとめローンは追加融資を受ける為ではなく、完済をする為のローンと割り切って利用しないと、デメリットが生じてしまうので注意しましょう。

おまとめローンのメリットとは?

そもそのおまとめローン契約をするメリットが良く理解できていない事で、追加融資や他社借入をして気づかないうちにデメリットでしかないローンの一本化をしてしまう方は少なくないです。

おまとめローンをする具体的なメリットとして、以下のような点が挙げられるでしょう。

おまとめローンのメリット
  • 返済日が統一出来る
  • 金利が下がる
  • 毎月の返済額が減る
  • 完済時の総支払額が減る

おまとめローンではまず、返済日がまちまちで管理のしにくい状態が改善されるというメリットがあります。

その為、詳しくは後述しますが、なるべくおまとめ後は借入先を増やさない方が良いです。

また、返済日が統一できる以外には、低金利なるか毎月の返済額が下がるというメリットがあるおまとめ契約が出来る事が重要です。

特に、低金利メリットは完済までにかかる総利息額を左右するので、完済時の総支払額が抑えられるかどうかという点にも関わってきます。

その際おまとめ後の追加融資を受けると、せっかく低金利になっても残高が増えたことで返済期間が延び、結果利息が増えてしまう可能性が高いです。

おまとめ契約で低金利になるといっても、10%や20%というように大きく下がるわけではないので、少し追加融資を受けてしまえば金利を下げて減らせたはずの利息分は元に戻ってしまうといえるでしょう。

加えて、返済額が下がるのもおまとめローンのメリットではありますが、あまり少額の返済でばかり毎月やり過ごしている場合も、利息が嵩むデメリットにつながってしまうので注意が必要です。

おまとめローン契約後の他社借入は不可能?契約違反になる?

おまとめローンは名前の通り、複数のローンを一本化するローンです。

その為、基本的にはおまとめ契約後の他社借入は規定で禁止されている事が多いといえます。

契約したローンが、おまとめ契約後の他社契約での借入を禁止しているにも関わらず、他社へ新規申し込みをすると契約違反です。

また、契約で他社借入が禁止されていなくても、基本的におまとめ契約後は新規借入の審査通過は出来ない可能性が高いといえます。

というのは、ローンの申し込み履歴や他社借入残高は信用情報を確認すれば分かる為、審査の際におまとめ契約している事がバレるからです。

おまとめローンを契約しているという事は、残高も多く返済状況の改善が必要な与信状態と審査では判断されます。

したがって、おまとめ後の他社借入が禁止されていなくても、基本的には新規で他社借入をする事は出来ないと思っておきましょう。

ただ、おまとめ契約を他社借入が禁止されていない通常のカードローンでしているなら、審査に通過さえすれば他社借入が可能です。

新規他社借入で契約違反をすると強制解約!?

ちなみに、おまとめ後の他社借り入れが禁止されているにも関わらず契約違反をした場合、残高の一括請求をされ強制解約となる可能性が高いです。

ほとんどの方の場合が残高の一括請求をされても、一括での返済は出来ないでしょう。

しかし、だからといって強制解約が前提の場合は、もう一度無条件で通常の分割払いにしてもらうことは出来ません。

その為、契約違反をして強制解約となった場合、債務整理をする事になるでしょう。

そうなってしまうと、せっかく金融事故を起こす前におまとめローン契約出来た意味がありません。

また、例え強制解約の際に一括返済が出来ても、強制解約自体が異動情報として信用情報に記録されてしまいます。

おまとめローン後の他社借入で契約違反をしても、何も良い事はないので原則、返済に徹するようにするのが良いでしょう。

おまとめ前の他社ローンを再利用するのはアリ?

新規での借入が出来ないなら、おまとめ前のローンを残しておけばいい!と思う方もいるかもしれません。

おまとめローン前の複数ある契約先は、おまとめ専用ローンの場合完済と解約が必要な事があります。

おまとめ専用ローンでは、契約締結後に金融機関から契約前の他社借入に完済手続をしてくれるものが少なくありません。

また、自分で他社借入の完済をする場合でも、完済証明書の提出が求められたリします。

その為、おまとめ専用ローンで契約をする場合は、新規他社借入も無理なら以前のローンを再利用する事も出来ないことが多いです。

加えて、おまとめ前の他社借入の完済・解約が条件であるにも関わらず、ローンを残しておいた場合は先述した契約違反と同じ扱いになります。

しかし、通常のカードローンでおまとめする場合は、特に完済や解約が条件になっていないなら、おまとめ前のローンを残しておくことも出来ます。

ただ、信用情報で他社借入の確認をする事は通常のカードローンでも可能なので、借り過ぎるといずれのローンも突然借入停止になる可能性が否めません。

おまとめ後に他社借入する場合は消費者金融?総量規制に注意した方がいい?

例えば、おまとめ先を通常の銀行カードローンにして、他社借入が契約違反にならないとします。

その際、どうしても他社借入が必要となった場合、審査通過の可能性を考えると新規申込先は消費者金融が無難といえるでしょう。

既に他の銀行カードローンでおまとめ契約している顧客に、その貸し倒れリスクを負ってまで新たに融資枠を設けてくれる銀行はあまりないです。

その点、消費者金融であれば、通常のカードローンでのおまとめ後でも新規契約が出来る可能性があります。

ただ、もし消費者金融でおまとめ後に借入が出来るとしても、10万円以内ほどの少額であることは理解しておきましょう。

また、おまとめ契約をしたのが既に消費者金融の通常カードローンの場合は、他社借入の際に総量規制に注意が必要です。

消費者金融でおまとめ専用ローンを契約する場合は、総量規制例外貸付になるので年収の3分の1以上での借入も出来ます。

しかし、通常の消費者金融カードローンで一本化をしている場合は、総量規制例外貸付になりません。

すると、他社借入をさらに他の消費者金融でしようと思っても、おまとめ分と合わせて年収の3分の1以内にする必要がある為、他社借入はかなり少額になりますし審査通過の難易度も高くなります。

多重債務から抜け出したい!完済したい!なら追加融資と他社借入はダメ

追加融資や他社借入が禁止されていないローンで契約するなら、どちらもおまとめローン契約後でも可能です。

ただ、おまとめ後の追加融資や他社借入は一本化のデメリットに繋がる可能性が高く、おすすめはしません。

また、おまとめローン契約をしたという事は、少なからず自身の返済状況に改善の余地があったという事でしょう。

例えば、他社借入件数が4社以上で多重債務になっていたり、そうでなくても完済の目途が付かなかったりといった理由があったからこそ、おまとめローンでの契約を考えたはずです。

おまとめローンは、契約さえすれば自動的に借金が減る!というようなものではありません。

あくまで、それまでの複数借入状態をまとめて返済をし易くする「きっかけ」でしかないです。

おまとめローン後に実際に返済が楽になったり、早期完済が出来たりするかどうかは、結局のところ自身のローンの使い方に左右されるという事を理解したうえで、本当に再度追加融資や他社借入をするのか検討するようにしましょう。

東京スター銀行のおまとめ専用ローンがおすすめ?

おまとめ先としておすすめできるローンに、東京スター銀行のスターワン乗り換えローン(おまとめローン)が挙げられます。

東京スター銀行のスターワン乗り換えローンはおまとめ専用のローンですから、他社借入契約は不可能です。

ところが、最大の特徴としておまとめローン契約時の限度額内で、残高が減った分だけであれば追加融資が可能とという点が挙げられます。

最初はおまとめローンで完済するから返済しかしない!と思っていても、不測の事態でお金が必要になってしまう可能性はゼロではないでしょう。

そういった「どうしても」に対応するために、スターワン乗り換えローンでは追加融資が受けられるようになっているのです。

スターワン乗り換えローンは金利も年12.5%と低金利で、最高限度額1,000まん延まで扱っているのでまさにおまとめ向きといえます。

ただ、スターワン乗り換えローンは自営業・アルバイト・パートの方は契約が出来ず、年収200万円以上でなくてはいけません。

申し込み条件は厳しめですが、東京スター銀行スターワン乗り換えローンは完済手続も請け負ってくれ、金利などの貸付条件も申し分ないおまとめ専用ローンとなっています。

また、スターワン乗り換えローンは来店不要でWEB完結可能で、おまとめローンには珍しく仮審査期間も最短3日間と対応が早いです。

早期完済を目指すおまとめがしたいけど、追加融資が全く受けられないのは不安…という方は、まず東京スター銀行スターワン乗り換えローンに申し込んで見るのが良いでしょう。

銀行おまとめ審査落ちならプロミスのおまとめローン?

おまとめ契約に至るまでに、与信状態が良くないと銀行でのおまとめ審査は通過出来ない事もあります。

もし、銀行でのおまとめ専用ローンの審査に落ちてしまった場合は、消費者金融でのおまとめ専用ローン契約を検討してみましょう。

例えば、大手消費者金融のプロミスでもおまとめ専用ローンを扱っています。

プロミスおまとめローンは、実質年率6.3%~17.8%で最高限度額300万円まで扱っています。

先述した東京スター銀行のおまとめ専用ローンとは違い、プロミスのおまとめローンはパート・アルバイトの方でも自営業でも安定した収入があれば、申し込み対象です。

ただ、プロミスのおまとめローンは、ネット申し込みが出来ないので自動契約機か有人店舗まで行って申し込みをする必要があります。

また、プロミスおまとめローンは総量規制例外貸付として、年収の3分の1以上でもおまとめ可能ですが契約後の追加融資などは不可能です。

同じおまとめ専用ローンでも、プロミスのように本当に返済専用のローンは申し込み条件も厳しくなく、審査通過も比較的し易いといえます。

その為、おまとめ後も追加融資が受けられる通常のカードローンや、東京スター銀行のおまとめローンのように特殊なローンの審査に落ちてしまった場合は、プロミスおまとめローンのように返済専用のローンに申し込むのがおすすめです。

参考になりましたら、是非シェアをお願いします。