総量規制対象外へ申込みした方が有利なのか?

平成22年に貸金業規制法から貸金業法へと改正になり、借入は自分の年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。

これを総量規制と言います。総量規制ができた目的は多重債務者を減らすことですが、規制を受けるのは貸金業登録している消費者金融やクレジット会社、信販会社だけで、銀行が貸し出す融資には総量規制は適用されないのです。

このことから、銀行貸付にについては総量規制対象外となっており、消費者金融で借りることのできない年収3分の1以上のゾーンでも借りられると評判になっています。

総量規制対象外は年収3分の1以上本当に借りられるのか?

銀行が貸付している銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンとなっていますが、重要なのは、本当に消費者金融で借りられない人でも銀行カードローンで借りれるのか?という問題です。

答えは、借りられる可能性もありますが、ごく少数の人しか借りられませんということです。

消費者金融がいくら総量規制で年収1/3規制があると言っても、銀行は消費者金融よりも当然審査は厳格になっています。そもそも、銀行カードローンの保証会社は消費者金融などの貸金業者になっていますので、第一段階の審査として、消費者金融などの審査に通らなければなりません。

保証会社の審査は総量規制が無い?

では、どっちみち借りれないじゃん!と思うかもしれませんが、銀行カードローンの保証会社の審査では総量規制は関係無いと言っても良いのです。なぜなら、銀行は総量規制対象外となることから、保証会社の審査にも年収1/3は制限されないからです。

だからと言って、多重債務の人が銀行カードローンへ申込みしても審査に通ることはできません。ごく少数の人は消費者金融で借りられなくても銀行から借りれると言ったのは、大会社に長年勤務している人や、持家でローンが無い人、世帯収入がかなり多い人など、「属性」が非常に高い人に限られます。

お金を貸すということは、最終的に返してもらわなければなりません。消費者金融では年収3分の1というラインがありますが、銀行カードローには無いので、本当にその人の信用度が高く、返済能力があると判断すれば、銀行カードローンで借りれられる可能性はあるのです。

しかしながら、借りられる人はほんの一握りと言える人数です。もし、あなたが自分自身の与信が高く、年収3分の1を超えても返せる自信と根拠があるならば、総量規制対象外の銀行カードローンへ申込みしてみてもいいでしょう。

これはあくまで負債が総量規制オーバーしている人の話であって、もとも借金があまり無い人は、最初から銀行カードローンへ申込みした方が低金利で借りられるのは確実です。