アコムの審査は通りやすいのか?

消費者金融大手のアコムは審査通過率が高いと評判になっています。審査通過率とは、新規の顧客に対して融資した割合のことを言い、貸付成約率との言います。

消費者金融大手の貸付成約率は今現在40%~50%以下程度となっていますが、これはアコムだけでは無く、プロミスも同じ程度の貸付率です。

消費者金融は大手ほど貸付率が良いわけですが、これは意外!と感じる人が多いようです。中小の小さい消費者金融の方が誰にでも貸すイメージがあり、大手の銀行系消費者金融ほど審査が厳しいイメージがあるのでそう思うらしいですが、中小の消費者金融の貸付率は今約10%程度で、10%を下回っているところも珍しくありません。

中小消費者金融は客層と総量規制によって貸せない状態

中小の消費者金融は決して貸し渋りをしているのではなく、融資自体することが難しい状況に今なっているのです。

総量規制によって、貸付は年収の3分の1までしか貸付できず、また、中小の消費者金融に申込みしてくる人達は大手消費者金融に断られた人がほとんどで、その内容は信用情報に事故情報があったり、以前破産した人、債務整理中の人など、ほとんどは貸せないような人たちばかりなのです。

通常、キャッシングをしようと思ったら、最初は大手消費者金融から申込みしますよね?だから当たり前ですが、大手はまだ借入が無い人の申込みが普通であり、勤続年数などの属性がよっぽど悪くなければ、普通は融資を受けることができます。

しかし、それでも貸付率は今40%~50%未満ということは、半分以上の人は大手消費者金融の審査に通っていないと言うことができるのです。

これが多いのか、少ないのかは、捉える人によって変わるでしょうが、アコムが断トツに貸付率がいいと言うわけでもありません。

しかしながら、アコム審査は最短30分の早い審査と、無人契約機が21:00まで受付している便利さによって、人気の消費者金融には間違いがありません。アコムは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの保証会社にもなっており、もし先を見越してバンクイックで借りようと思っている人は、先にアコムで審査が通るかどうか確かめてみるのも良いかもしれません。