総量規制対象外へ申込みした方が有利なのか?

平成22年に貸金業規制法から貸金業法へと改正になり、借入は自分の年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。

これを総量規制と言います。総量規制ができた目的は多重債務者を減らすことですが、規制を受けるのは貸金業登録している消費者金融やクレジット会社、信販会社だけで、銀行が貸し出す融資には総量規制は適用されないのです。

このことから、銀行貸付にについては総量規制対象外となっており、消費者金融で借りることのできない年収3分の1以上のゾーンでも借りられると評判になっています。

総量規制対象外は年収3分の1以上本当に借りられるのか?

銀行が貸付している銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンとなっていますが、重要なのは、本当に消費者金融で借りられない人でも銀行カードローンで借りれるのか?という問題です。

答えは、借りられる可能性もありますが、ごく少数の人しか借りられませんということです。

消費者金融がいくら総量規制で年収1/3規制があると言っても、銀行は消費者金融よりも当然審査は厳格になっています。そもそも、銀行カードローンの保証会社は消費者金融などの貸金業者になっていますので、第一段階の審査として、消費者金融などの審査に通らなければなりません。

保証会社の審査は総量規制が無い?

では、どっちみち借りれないじゃん!と思うかもしれませんが、銀行カードローンの保証会社の審査では総量規制は関係無いと言っても良いのです。なぜなら、銀行は総量規制対象外となることから、保証会社の審査にも年収1/3は制限されないからです。

だからと言って、多重債務の人が銀行カードローンへ申込みしても審査に通ることはできません。ごく少数の人は消費者金融で借りられなくても銀行から借りれると言ったのは、大会社に長年勤務している人や、持家でローンが無い人、世帯収入がかなり多い人など、「属性」が非常に高い人に限られます。

お金を貸すということは、最終的に返してもらわなければなりません。消費者金融では年収3分の1というラインがありますが、銀行カードローには無いので、本当にその人の信用度が高く、返済能力があると判断すれば、銀行カードローンで借りれられる可能性はあるのです。

しかしながら、借りられる人はほんの一握りと言える人数です。もし、あなたが自分自身の与信が高く、年収3分の1を超えても返せる自信と根拠があるならば、総量規制対象外の銀行カードローンへ申込みしてみてもいいでしょう。

これはあくまで負債が総量規制オーバーしている人の話であって、もとも借金があまり無い人は、最初から銀行カードローンへ申込みした方が低金利で借りられるのは確実です。

アコムの審査は通りやすいのか?

消費者金融大手のアコムは審査通過率が高いと評判になっています。審査通過率とは、新規の顧客に対して融資した割合のことを言い、貸付成約率との言います。

消費者金融大手の貸付成約率は今現在40%~50%以下程度となっていますが、これはアコムだけでは無く、プロミスも同じ程度の貸付率です。

消費者金融は大手ほど貸付率が良いわけですが、これは意外!と感じる人が多いようです。中小の小さい消費者金融の方が誰にでも貸すイメージがあり、大手の銀行系消費者金融ほど審査が厳しいイメージがあるのでそう思うらしいですが、中小の消費者金融の貸付率は今約10%程度で、10%を下回っているところも珍しくありません。

中小消費者金融は客層と総量規制によって貸せない状態

中小の消費者金融は決して貸し渋りをしているのではなく、融資自体することが難しい状況に今なっているのです。

総量規制によって、貸付は年収の3分の1までしか貸付できず、また、中小の消費者金融に申込みしてくる人達は大手消費者金融に断られた人がほとんどで、その内容は信用情報に事故情報があったり、以前破産した人、債務整理中の人など、ほとんどは貸せないような人たちばかりなのです。

通常、キャッシングをしようと思ったら、最初は大手消費者金融から申込みしますよね?だから当たり前ですが、大手はまだ借入が無い人の申込みが普通であり、勤続年数などの属性がよっぽど悪くなければ、普通は融資を受けることができます。

しかし、それでも貸付率は今40%~50%未満ということは、半分以上の人は大手消費者金融の審査に通っていないと言うことができるのです。

これが多いのか、少ないのかは、捉える人によって変わるでしょうが、アコムが断トツに貸付率がいいと言うわけでもありません。

しかしながら、アコム審査は最短30分の早い審査と、無人契約機が21:00まで受付している便利さによって、人気の消費者金融には間違いがありません。アコムは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの保証会社にもなっており、もし先を見越してバンクイックで借りようと思っている人は、先にアコムで審査が通るかどうか確かめてみるのも良いかもしれません。

カードローン即日融資で選ぶならどこ?

カードローンは早く借入ができることに越したことはありません。審査で何時間や何日もかかるようでは、いざ利用しようと思った時に、借りられないカードローン会社では意味がないのです。

カードローンとは、借入後、毎月最低支払額以上返済すれば一括で返す必要もなく、ある意味、自分自身で返済を調節できるのが大きな特徴です。

カードローン即日融資で選ぶならどこが良いのでしょうか?この質問に関して答えていきたいと思います。

カードローン即日融資なら消費者金融へ!

カードローン即日融資を重視で選ぶなら、間違いなく消費者金融を選ぶようにしましょう。審査が早い=即時融資可能という図式は間違っていません。又、銀行カードローンになると、保証会社の審査や口座開設の審査も入ってくるので、最も早く審査が終わるのは消費者金融です。

消費者金融であれば、どこでも大体審査時間は最短30分と言っています。新生銀行グループのノーローンに関しては審査時間最短20分と書いてあり、消費者金融でも最速となっています。

しかし、注意したいのは、大手消費者金融ではなく、中小の消費者金融の場合です。中小の消費者金融は審査時間最短30分と書いてあっても、まず、30分で回答がくることはありません。

会社規模が小さければ小さくなるほど、顧客への接客対応レベルは下がって行き、中小などになると、お金を借りたいならば、文句を言わずに待ってろと言わんばかりの対応を取られこともざらです。

しかし、大手であれば、その辺は大丈夫です。銀行系消費者金融であり、今の大手消費者金融はすべて銀行と関係がありますので、接客対応一つとってみても、丁寧で満足できるものでしょう。

カードローンと言われると銀行カードローンを想像してしまいますが、消費者金融も立派?なカードローンです。