消費者金融のおすすめならここ!

消費者金融おすすめNo.1消費者金融おすすめはどこ?とよく聞かれることがあります。最初にキャッシングする場合、誰もが頭に浮かぶのは消費者金融ですよね?

では、実際に消費者金融で借りようと思った時、どこに申込みしますか?頭に浮かんだものは、大手消費者金融のアコムやプロミス、ノーローン、モビットなどではないでしょうか?

その中からどこがおすすめなのか聞かれますが、元消費者金融の私が言うのは、断然にアコムです!

なぜアコムがおすすめなの?

なぜアコムがおすすめなのか?正直言って、今の消費者金融はどこに申込みしてもあまり変わりません。変わらないというのは、どこから借りても金利はほとんど18%近くで同じで、サービスも満足するほどレベルが上がっているからです。

昔のようなサラ金のイメージはとっくに過去のもので、消費者金融の接客サービスや利用者満足度はかなり高いものとなっています。

その理由は、消費者金融市場は2010年6月の貸金業法改正により、上限金利が29.2%⇒20%へ引き下がり、総量規制という、年収3分の1までしか借りられない法律ができたことで、大手以外の中堅以下消費者金融は経営困難となり、ことごとく倒産・廃業となりました。

過去に消費者金融最大手だった武富士も今はいません。上場会社が倒産するほど、消費者金融業界は規制強化の流れで、銀行と資本提携等しなければ生き残りはできない市場となってしまったのです。

今の大手消費者金融はすべてが銀行系

銀行系消費者金融
今営業している消費者金融の大手はほとんどが銀行系の消費者金融です。銀行系とは、銀行の子会社やグループ会社のことで、銀行傘下に入ることで消費者金融の経営基盤を強くすることができます。

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス(SMFGグループ)、ノーローンは新生銀行グループ、モビットは三井住友銀行グループとなっています。大手で唯一独立系となっているのはアイフルです。

個人的には独立系のアイフルに頑張ってもらうことを期待していますが、実際にはやはり銀行との提携が無ければ厳しい経営環境になるでしょう。それほど、今の消費者金融業界の金利や規制は厳しいのです。

話がかなりそれましたが、要するに銀行の子会社やグループ会社の銀行系消費者金融はそれだけ接客にしても、会員サービスにしても充実しており、特にアコムはもはや銀行レベルと言ってもよいほど、電話対応も丁寧です。

金利は4.7%~18.0%、限度額は500万円で、特徴は審査時間は最短で30分!そして最短即日融資も可能なスピード融資にあります!

消費者金融の利点は申込みしたその日に借りれることが大きな魅力です。これは銀行カードローンには無い消費者金融最大のノウハウなのです。

その中でも、審査スピードと即日融資の早さはアコムがNo.1と言えます。そして、今アコムは期間限定で無利息(金利0円)キャンペーン実施中なのです!

平成26年3月10日~6月30日まで、アコムで申込みすれば30日間無利息サービスが付きます!無利息サービスはプロミスやノーローンが行っていましたが、アコムも期間限定で無利息をしています。

キャンペーン中の消費者金融は審査が通りやすい?

キャンペーン中は審査が通りやすい重要なことは、キャンペーン中の消費者金融へ申込みする!ということなのです。なぜなら、消費者金融も当然に貸付目標があり、特にキャンペーンであれば、融資残高目標は各支店競争しているわけです。

例えば、普通に申込みして審査が通らなかった人でも、キャンペーン中の消費者金融へ申込みすると、審査が通ったという口コミは良く見かけます。

今、どこの消費者金融へ申込みしようか迷っている人は、最大手であり、キャンペーン中のアコムをおすすめします。

収入証明書不要でお金を借りる方法

収入証明不要カードローン
消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、必ず収入証明書が審査で必要になるケースがあります。

収入証明書が必要となるのは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングで、借入限度額が50万円を超える場合、そして他の貸金業者との借入と合わせ100万円を超える場合です。

この場合は貸金業法によって、消費者金融会社などは審査時に申込み者の収入証明書(源泉徴収票・確定申告書・所得証明書・給料明細書直近2ヵ月分等)を取得しなければならないことになっているのです。

しかし、収入証明書不要でもお金を借りることはできるのです!具体的な方法を書いていきます。

収入証明書不要でお金を借りるには

収入証明書不要でお金を借りるには、貸金業者(消費者金融やクレジットカードのキャッシング)であれば、まずは希望限度額を50万円以下で申込みすることです。

そして、今現在の消費者金融やクレジットカードのキャッシング利用残高を計算して、今回申込み金額と合算しても100万円を超えないような申込み金額を書かなければなりません。

以上のことで、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでも収入証明書は不要で借りられます。しかし、消費者金融等の審査で、収入証明書が必要と判断されれば、提出を求められることはあります。

その場合は提出しなければ審査結果は出ない可能性が高くなります。貸金業法では、50万円以下で他の貸金業者と合わせた借入が100万円以下なら原則収入証明書は不要でOKとしていますが、あくまで原則としているだけで、貸付側の審査によって、必要になる場合もあるのです。

銀行カードローンなら収入証明書は不要!

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは50万円を超える場合に収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンであればその金額は最低でも100万円までと倍になります。

銀行カードローンは貸金業者では無く、総量規制は関係がりません。その為、100万円以下なら収入証明書不要としている銀行カードローンがほとんどで、中には200万円以下は収入証明書不要としている銀行カードローンもあります。

このように、収入証明書不要で借りるならば、圧倒的に銀行カードローンへ申込みした方がメリットが高いのです。

収入証明書不要で借りる方法とは、銀行カードローンへ申込みすることなのです。200万円まで収入証明書不要な銀行カードローンなら、おまとめローンや借り換えローンでも200万円以下ならば原則収入証明書は必要ありません。

消費者金融へ申込みするよりも、低金利で収入証明書不要、そして限度額も高い銀行カードローンがおすすめです。