アコムでお金を借りる方法

アコムでお金を借りる
お金を借りる時に真っ先に思いつくのは消費者金融ですよね?カードローンの金利やキャッシング金利とかよりも消費者金融と考えてしまうものです。

消費者金融でも大手のアコムやプロミスがお金を借りる時に利用しやすいキャッシング会社の一つです。

消費者金融には銀行系と呼ばれる会社がありますが、銀行系とは銀行のグループ会社や子会社の消費者金融を指します。

消費者金融は昔、すべて独立して経営していましたが、融資資金は銀行から借りる場合が多く、資金調達コストが大きな問題でした。

貸金業法は繰り返し改正されてきており、その度に上限金利は引下げられ、昔は40.004%の上限金利が今は半分の20%まで金利は下がっているのです。

それだけ利用者にとっては、金利が安く借りられる為、メリットになっていることは確かですが、消費者金融会社は銀行から資金を借りて、顧客へ融資するのですが、調達金利と、融資金利の差が利ざやになっています。

例えば、銀行から3%で借りて、顧客へ20%で貸せば、利ざやは17%となりますが、その17%の中には貸倒引当金から、従業員の給料、家賃、経費など、すべてを払う必要があるのです。

そうなった場合、上限金利が下がれば下がるほど、消費者金融の経営は厳しくなることは間違い有りません。

銀行傘下に入ることで資金調達コストを削減、そして知名度も上がる

消費者金融が銀行傘下に入りだしたのは、上限金利が29.2%まで下がったあたりからでした。いままで独立として経営していた消費者金融会社は、銀行傘下に入ることによって、資金調達コストが削減でき、そして銀行グループで営業できることから、抜群の安心感を利用者に与えることになります。

そして、銀行ブランドにより、知名度も上がることで、消費者金融が銀行傘下に入ることは、生き残る手段と言っても過言ではありません。

そのような理由から今では大手消費者金融は全てと言って良いほど銀行系の消費者金融となっています。三菱UFJフィナンシャルグループのアコム、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、三井住友銀行グループのモビット、新生銀行グループのシンキ(ノーローン)など。

レイクは消費者金融でしたが、総量規制の影響を懸念して新生銀行本体が吸収したことで、消費者金融では無く、新生銀行カードローンとして融資をしていることから、すでに貸金業者では無くなっています。

銀行系消費者金融アコムで借りる方法

銀行系消費者金融の説明で長くなってしまいましたが、大手銀行系消費者金融のアコムは審査時間最短で30分、即日融資も可能なおすすめの消費者金融です。

アコムで借りる方法は主に4つあります。まず、インターネットから申込みして、WEB契約で借りる方法。インターネットから申込みして郵送契約で借りる方法、直接店舗へ来店して申込みして借りる方法、無人契約機へ来店して契約・融資を受ける方法。

これは組み合わせも可能で、インターネットから申込みしておいて、無人契約機で契約だけする、店舗で契約だけすることも可能です。

消費者金融でお金を借りる時、一番気にすることは、契約書はカードなどが自宅に郵送されることで、同居の家族や身内に知られないか?ということです。

これを気にしている人は、インターネットから申込み・審査をしておいて、無人契約機か店舗へ来店することをおすすめします。

消費者金融で郵送が必要になるのは、契約書とカードです。無人契約機・店舗へ来店すれば、契約書もその場で記入でき、カードも受け取りができることから、自宅には一切書類等の郵送は無く借入が可能なのです。

アコムは消費者金融でも新規契約率(貸付率)はトップクラスで、安心・安全に利用できる銀行系ですが、書類の郵送が気になる方は、21:00までやっている無人契約機へ行くことをオススメします。

お金を安く借りる方法

お金を安く借りる方法お金を安く借りる方法はいろいろありますが、第一に金利が安いキャッシングカードローンに申込みする事が第一条件と言えます。

キャッシングカードローンには、消費者金融系、クレジット会社系、信販系、銀行のカードローンがありますが、一番金利が安いのは銀行のカードローンです。

消費者金融、クレジット、信販ともに、ノンバンクとなりますので、当然融資するお金は調達コストが必ずかかります。

その為、調達コスト分も金利に上乗せられることから、銀行と比べればやはり金利は高くなるのは仕方がないことなのです。

銀行のカードローンなら金利も安く、審査のメリットもある

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が安く借入ができます。それに加えて、審査上でもメリットがあることを知っていましたか?

大きなメリットとしては、収入証明書の件です。消費者金融では50万円を超える借入をする場合、収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンでは100万円までは収入証明書不要で借入ができるのです。

収入証明書とは、源泉徴収票や、所得証明などが該当します。給料明細でも大丈夫ですが、給料明細は直近2か月分が必要になり、ボーナス分が加算されない為、年収が少なくなるデメリットがあります。

所得証明書や源泉徴収票はいつも持っている書類ではありません。所得証明は役所へ行けば発行してくれますが、わざわざ仕事中に役所へ行きくのもおっくうな話です。

その点を考えれば、銀行カードローンへ申込みした方が、提出書類も少なく融資を受けられるメリットがあるのです。

金利も安く、提出書類も少ないのであれば、銀行カードローンへ申込みした方が良いにきまっていますが、銀行カードローンは、即日(当日)に融資を受けられない場合があり、すぐに借りたい人には向いていない点もあります。

早く借りたいのであれば、金利が高い消費者金融、低金利で借りたいならば、融資まで日数を必要とする、銀行カードローン、どちらかにするべきでしょう。

低金利でおすすめなのはイオン銀行カードローンBIG

あくまで、金利を重視するのであれば、銀行カードローンをおすすめします。その中でもおすすめはイオン銀行カードローンBIGです。審査時間は約1~2週間とかなり長いですが、金利は3.8%~13.8%となっており、銀行ローンでもトップと言える低金利です。

100万円以上は金利8.8%で借りることができるのもイオン銀行カードローンBIGだけ!総量規制の対象外となっており、年収1/3は関係なく、専業主婦でも50万円まで借りることができます!

急ぎの融資でない人や、今後の為にとりあえずカードローンを持っておきたい人などはイオン銀行カードローンがおすすめです。

消費者金融は金利が高い?低い?

消費者金融の金利消費者金融は金利が高いのか?低いのか?それは人それぞれ捉え方が違うと思いますが、日本では一般的なイメージでは金利が高いと言われています。

今の消費者金融の法律上限金利は10万円未満で20%、10万円以上100万円未満で18%、100万円以上で15%が法律上限金利です。

消費者金融を一度も利用したことが無い人にとっては、10万円借りて、金利18%なんて、めっちゃ高い!と言うひとが約9割ぐらいはいるでしょう。

では、その人達に、消費者金融で10万円を借りて、一か月(30日間)の利息はいくらか知っているか?と聞くと、利用したことも無い人はまず、知らないと言います。

利用したことも無く、利息を知らないのに、年率18%と聞いただけで高いと言っているのです。

消費者金融の金利はあくまで実質年率表示

消費者金融を利用したことが無く、金利が18%で高いと言っている人は、18%の数字だけしか見ていないと思われます。

消費者金融は実質年率18%となっていますが、あくまで年率の為、10万円借りて1年後に支払った場合は18%の利息が付くので、118,000円になると言うことです。

しかし、実際の消費者金融の返済方法と言うのは、毎月1回(30日~35日サイクル)で支払う契約になっているので、まず、1年後に払うことなどないのです。

では、30日間利用した場合の利息は、100,000円×0.18÷365×30=1,479円

消費者金融で10万円を借りて、30日間利用した利息は1,500円未満なのです。これは高いですか?低いですか?

お金が給料日前で無い時に、友人や会社の同僚から1万円~3万円を1週間程度借りる話はよくあることです。

貸してもらったお礼に、給料が入ったら、1万円を1万1千円で返すことなど、常識の範囲内ではないでしょうか?

しかし、消費者金融では、10万円の限度額で、1万円だけ7日間借りた場合の利息は1万円×0.18÷365×7=34.520円 わずか34円だけなのです。これは高いですか?低いですか?

逆に消費者金融では34円以上利息を取った場合、法律違反となってしまうのです。友人にはお礼として1千円上乗せして返したそのお金は、利息に換算すればものすごい金利になってしまうのです。

お金を借りると言うことは、誰しもが友人や身内にも気を遣い言いにくいことです。そんなとき、消費者金融があれば、お金を借りることに対して、気を使うことはありません。

そして、消費者金融の金利は日割り計算となっており、利用した日数分しか利息は発生しません。それに加え、プロミスやレイクなどは、新規契約であれば※30日間無利息サービス等もあり(※メールアドレス登録と、WEB利用明細の登録が必要です)、金利0%の無利息で借りれるところもあるのです。

これでもまだ消費者金融は金利が高いですか?低いですか?