お金を借りるのは年収の3分の1迄です!

pixta_5381824_Sお金を借りる場合、いくらまで借入が可能か知っていますか?もちろん、貸付側の審査によりますが、消費者金融やクレジットカードからのキャッシングは総量規制という法律によって、年収の3分の1までしか借りることはできなくなったのです!

これは2010年6月より導入されており、今頃知った人は、ちょっと遅いぐらいです。

昔まで、年収が300万円の人でも、借りようと思えば、200万円ぐらいまでは借りれた時代がありました。

普通に考えれば年収300万円で借金が200万円あるのはおかしな話です。借りる本人にも問題はありますが、貸付する側にも過剰に貸し付けている問題が出てきます。

また、借金はギャンブルや交際費などの遊び金で借りる人もおり、そのような人達は、完済できる金額なのか考えることも無く、返済できる範囲内であれば借りてしまうものです。

例えば、10万円借りても、消費者金融などでは毎月5千円程度の支払をすれば一括で返済する必要はありません。このため10社より10万円、計100万円借りても毎月の返済は5万円となることから、まだ返済できると思って借りる人が多かったのも事実です。

このような問題から多重債務者が多くなり、自己破産は増え続けました。これらの原因により総量規制という年収3分の1までに貸付を制限する法律ができたのです。

総量規制でも借りたい人は参考になります。

銀行は総量規制とは関係がありません!

しかし、総量規制はあくまで消費者金融などの貸金業者しか対象としていません。その為、銀行は貸金業者ではないので、総量規制対象外となり、年収3分の1の規制はかからないのです。

その為、消費者金融ではお金を借りることができなくても、銀行カードローンであれば、審査次第で年収3分の1以上でも借りれる可能性が出てきます。

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しいことから、銀行カードローンで年収3分の1以上借りることは現実的には少ないと思いますが、可能性が全くないわけでは無いのです。

銀行は収入証明書不要で審査可能と言うことは、返済能力はどこで判断しているのか?あくまで本人の申告によって判断しているとすれば、年収3分の1の規制がない銀行カードローンであれば、消費者金融では断られた場合でも借りれる可能性が0%とは言い切れないと思います。

しかしながら、そのように借りたとしても、結局は返済が厳しくなる一方です。くれぐれも借入は計画的に行うことと、できるだけ我慢することが大切なのです。

消費者金融でおすすめなのはアコム!

消費者金融でおすすめなのはアコムです。その理由は審査通過率(貸付率)にあります。お金を借りる場合、審査に通るかどうかが最も重要なことになりますが、1番審査に通過しやすいのは消費者金融会社です。

その中でも、アコムはトップクラスの審査通過率となっており、消費者金融の中でも断トツにおすすめと言えます。

アコムの金利は3.0%~18.0%で、限度額は最高500万円!正式審査結果回答まで最短30分+最短即日融資も可能と、消費者金融でもスペックはトップの内容となっています。

消費者金融で選ぶならばアコムをおすすめします。

即日融資で今すぐ借りたい人はプロミスへ!

消費者金融のメリットはスピードです。当日申込みしてその日に借りられる可能性が最も高いのは消費者金融なのです。
できるだけ早く借りたい!今すぐにでも借りたい!と思っている人は、プロミスへお申込みすることがベストと言えます。

プロミスは消費者金融でも審査が早いと言われており、正式審査結果回答まで最短30分!平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資も可能となっています!
そしてメールアドレス登録と、WEB利用明細の登録で30日間無利息サービスがあり、融資までの早さと無利息サービスのメリットは消費者金融でも人気No.1です。

お金を安く借りる方法

お金を安く借りる方法お金を安く借りる方法はいろいろありますが、第一に金利が安いキャッシングカードローンに申込みする事が第一条件と言えます。

キャッシングカードローンには、消費者金融系、クレジット会社系、信販系、銀行のカードローンがありますが、一番金利が安いのは銀行のカードローンです。

消費者金融、クレジット、信販ともに、ノンバンクとなりますので、当然融資するお金は調達コストが必ずかかります。

その為、調達コスト分も金利に上乗せられることから、銀行と比べればやはり金利は高くなるのは仕方がないことなのです。

銀行のカードローンなら金利も安く、審査のメリットもある

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が安く借入ができます。それに加えて、審査上でもメリットがあることを知っていましたか?

大きなメリットとしては、収入証明書の件です。消費者金融では50万円を超える借入をする場合、収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンでは100万円までは収入証明書不要で借入ができるのです。

収入証明書とは、源泉徴収票や、所得証明などが該当します。給料明細でも大丈夫ですが、給料明細は直近2か月分が必要になり、ボーナス分が加算されない為、年収が少なくなるデメリットがあります。

所得証明書や源泉徴収票はいつも持っている書類ではありません。所得証明は役所へ行けば発行してくれますが、わざわざ仕事中に役所へ行きくのもおっくうな話です。

その点を考えれば、銀行カードローンへ申込みした方が、提出書類も少なく融資を受けられるメリットがあるのです。

金利も安く、提出書類も少ないのであれば、銀行カードローンへ申込みした方が良いにきまっていますが、銀行カードローンは、即日(当日)に融資を受けられない場合があり、すぐに借りたい人には向いていない点もあります。

早く借りたいのであれば、金利が高い消費者金融、低金利で借りたいならば、融資まで日数を必要とする、銀行カードローン、どちらかにするべきでしょう。

低金利でおすすめなのはソニー銀行カードローン

あくまで、金利を重視するのであれば、銀行カードローンをおすすめします。その中でもおすすめはソニー銀行カードローンです。審査時間も短く、金利は3.8%~13.5%となっており、銀行ローンでもトップと言える低金利です。

上限金利13.5%はカードローンでもトップの低さです!

急ぎの融資でない人や、今後の為にとりあえずカードローンを持っておきたい人などはソニー銀行カードローンがおすすめです。