総量規制対象外へ申込みした方が有利なのか?

平成22年に貸金業規制法から貸金業法へと改正になり、借入は自分の年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。

これを総量規制と言います。総量規制ができた目的は多重債務者を減らすことですが、規制を受けるのは貸金業登録している消費者金融やクレジット会社、信販会社だけで、銀行が貸し出す融資には総量規制は適用されないのです。

このことから、銀行貸付にについては総量規制対象外となっており、消費者金融で借りることのできない年収3分の1以上のゾーンでも借りられると評判になっています。

総量規制対象外は年収3分の1以上本当に借りられるのか?

銀行が貸付している銀行カードローンは総量規制対象外のカードーンとなっていますが、重要なのは、本当に消費者金融で借りられない人でも銀行カードローンで借りれるのか?という問題です。

答えは、借りられる可能性もありますが、ごく少数の人しか借りられませんということです。

消費者金融がいくら総量規制で年収1/3規制があると言っても、銀行は消費者金融よりも当然審査は厳格になっています。そもそも、銀行カードローンの保証会社は消費者金融などの貸金業者になっていますので、第一段階の審査として、消費者金融などの審査に通らなければなりません。

保証会社の審査は総量規制が無い?

では、どっちみち借りれないじゃん!と思うかもしれませんが、銀行カードローンの保証会社の審査では総量規制は関係無いと言っても良いのです。なぜなら、銀行は総量規制対象外となることから、保証会社の審査にも年収1/3は制限されないからです。

だからと言って、多重債務の人が銀行カードローンへ申込みしても審査に通ることはできません。ごく少数の人は消費者金融で借りられなくても銀行から借りれると言ったのは、大会社に長年勤務している人や、持家でローンが無い人、世帯収入がかなり多い人など、「属性」が非常に高い人に限られます。

お金を貸すということは、最終的に返してもらわなければなりません。消費者金融では年収3分の1というラインがありますが、銀行カードローには無いので、本当にその人の信用度が高く、返済能力があると判断すれば、銀行カードローンで借りれられる可能性はあるのです。

しかしながら、借りられる人はほんの一握りと言える人数です。もし、あなたが自分自身の与信が高く、年収3分の1を超えても返せる自信と根拠があるならば、総量規制対象外の銀行カードローンへ申込みしてみてもいいでしょう。

これはあくまで負債が総量規制オーバーしている人の話であって、もとも借金があまり無い人は、最初から銀行カードローンへ申込みした方が低金利で借りられるのは確実です。

総量規制対象外とは?

総量規制について知っている人はかなり、多くなりましたが、総量規制が完全施行した2010年6月18日当時、総量規制について知っている人は、ほとんどいなかった印象を受けます。

金融関係に勤務している人や、キャッシング等に詳しい人なら知っていましたが、一般の人は総量規制の内容など詳しく知らずに法律は完全施行を迎えました。

今まで借入で来ていた人も総量規制によって、いきなり追加融資が停止となったり、専業主婦の人は貸金業者からの借り入れは原則禁止となったことで、多少でも混乱するかと思いきや、意外に総量規制完全施行後もあまり変化がなかったように思えます。

話がそれましたが、総量規制とは消費者金融などの貸金業者に対する規制で、原則年収の3分の1を上回る貸付を禁止とした法律です。

ですから、例えば年収300万円の人なら、最大借りれる金額は100万円まで、年収600万円の人なら最大200万円までしか借りられなくなります。

総量規制が入る前は、年収300万円の人が普通に消費者金融数社から200万円程度の借金があることは珍しくありませんでした。珍しくないという感覚も、貸金業者の過剰貸付けと言われる一因になっていると思いますが、それほどの借金があっても、借金返済不能にならず、全額一括返済する人は多くいました。

当時勤務していた消費者金融会社でも、これだけ借金があるのに、よく一括で返済できるなーと感心したものです。結局のところ、債務者の返済能力と言うのは債権者側では明確には分かりません。分かるのは本人だけなのです。

総量規制対象外のキャッシングカードローン

総量規制ができてから少し経って、総量規制対象外なる言葉が出てきました。総量規制とは、年収の3分の1までに貸付を制限する法律ですが、総量規制対象外とは、総量規制の規制を受けないことだそうです。

総量規制には総量規制除外貸付と、総量規制例外貸付がありますが、総量規制対象外貸付などは、ありません、ただ単に、総量規制が関係ない銀行等の金融機関のキャッシングカードローンを総量規制対象外と呼んでいるのです。

確かに銀行からみれば総量規制も貸金業法も全く関係がありません。しかし、個人向けに積極展開する予定だった、銀行カードローンは総量規制によって消費者金融が貸付率・貸付残高とも激減している中、ここぞとばかりに残高UPを狙っているかのように貸付残高は増えています。

総量規制対象外のカードローンは総量規制の適用を受けないだけではなく、貸金業者のカードローンと比較してもメリットは数多くあるカードローンなのです。

もし、キャッシングカードローンを近いうち借りる予定ならば、間違いなく総量規制対象外のカードローンを選ぶことをおすすめします。