キャッシングのおすすめはどこ?

キャッシングのおすすめはどこですか?と聞かれた場合、今ならはっきりと、銀行カードローンがキャッシングするうえで一番のおすすめと言います。

なぜ、銀行カードローンなのかと言えば、消費者金融やクレジットカードのキャッシングと比べて金利がかなり低いからです。

消費者金融なら50万円キャッシングした場合の金利は絶対と言っていいほど上限金利となり、消費者金融の多くは上限金利18%の為、50万円は金利18%で借りなくてはなりません。

しかし、銀行カードローンであれば、上限金利が15%以下になっているところが多く、具体的に言えば、みずほ銀行カードローンや、三菱東京UFJ銀行カードローン、楽天銀行カードローンはすべて上限金利15%以下となっています。

銀行カードローンで借りるデメリットはあるのか?

ここまで金利差が3%~4%も違うと、銀行カードローンで借りたときのデメリットがあるのではないか?と聞かれますが、デメリットはありません。一昔前であれば、クレジットカードからキャッシングした場合、必ずキャッシングした内容をハガキで郵送してきました。自宅へ郵送されると、奥さんや親にバレてしまうことから、クレジットカード会社にハガキの郵送を辞めてほしいと言っても法律的に無理ですと断られた時代があります。

消費者金融ではキャッシングしても、自宅に利用明細など送ってこないのに、クレジットカード会社は送ってくる。なぜなのか?貸金業法となる前、貸金業規制法の時代、まだ上限金利は29.2%で、グレーゾーン金利が残っていた頃です。

利息制限法を超える利息は顧客が任意で支払したものとしなければ無効となることから、クレジットカード会社はキャッシングした場合にいちいち利用明細を自宅に郵送してきたのです。

しかし、今はほとんどのクレジットカード会社もweb上で利用明細を確認でき、ショッピングの利用さえも、web上で確認すれば、自宅に書類は一切送ってこなくなったのです。

昔はクレジットカードのキャッシングは、これが1番のデメリットでした。銀行カードローンにはこのようなデメリットは全くなく、むしろメリットばかりのキャッシングカードローンと言うことができます。

最短即日審査・即日融資可能な銀行カードローンも登場しており、今後消費者金融会社はますます厳しい時代に入ると予想されます。

キャッシング比較するポイント

お金を借りる時には多くの人がインターネット上のキャッシング比較サイトを見ていると思います。

お金を借りる場合にどこがおすすめなのか知りたい場合、キャッシング比較サイト等は非常に便利と言えますが、本当におすすめなのは、その人の選ぶポイントにあった比較サイトを見ることです。

キャッシング・カードローンには比較するポイントは多くあります。

  • 金利
  • 限度額
  • 審査スピード
  • 即日融資
  • 提携ATM

上記が大まかに分類した時の比較ポイントとなりますが、問題は低金利重視の人と、即日融資重視の人では比較ポイントが大きく異なるということです。

あくまでキャッシングカードローンを比較するのであれば、低金利なら低金利だけで比較しなければ、本当の意味での比較となっていません。

確かに総合的な評価で選びたい人も多いでしょうが、今のキャッシングカードローンは総合的にみればどのカードでも十分に満足できるレベルなのです。

例えば消費者金融大手のプロミスやアコムなどはその代表と言え、プロミス・アコムを利用して満足できない人はあまりいないのではないでしょうか?

あえているとすれば、金利だけで、プロミス・アコムともに金利は実質年率17%~18%の為、初めて借りる人は金利が高いと感じるかもしれません。

Continue reading