お金借りるところで金利が安いおすすめは?

お金借りる安いお金を借りるところで安いのはどこなのか?よく聞かれる質問の一つです。まず、お金を借りるところはいくつもあります。

銀行、農協、労金、などの金融機関や、消費者金融、クレジット会社などの、ノンバンクからのキャッシング。

どこで借りるかによって、金利は違ってくるのは事実です。

しかし、お金を借りると思って、最初に考えるのは消費者金融とか、クレジットカードのキャッシングではないでしょうか?

お金を借りるところ=借金のイメージがまだ残っている為、借金=消費者金融と連想してしまうのです。

銀行からお金を借りると考えれば、住宅ローンや、リフォームローン、オートローンなどの目的ローンが挙げられます。

今の銀行はその目的ローンよりも、カードローンに力を入れており、銀行カードローンが低金利で、一番安くお金を借りるところと言えるのです。

銀行カードローンの金利はどれくらい?

では、銀行カードローンの金利はどれくらいなんですか?と次の質問に移る訳ですが、銀行カードローンの金利は、ぶっちゃけ10%~15%ぐらいがメジャーで、高いところは、17%~18%の銀行カードローンもあります。

この金利を見て、金利安くないじゃん!!と思う人が多いと思いますが、100万円未満での消費者金融での金利は、約18%となっていることから、10%~15%の金利なら充分に安いと言える範囲なのです。

金利が安い銀行カードローンで言えば、イオン銀行カードローンBIGや、住信SBIネット銀行、東京スター銀行のりかえローンなどが有名です。

誰もがお金をかりるなら利息が安い方が良いに決まっています。消費者金融で借りれば金利は18%の可能性が高いですが、消費者金融には消費者金融のメリットがあるのです。

オリックス銀行カードローンは業界最低水準の低金利!

最低金利で選ぶならオリックス銀行カードローンは外せない存在です。金利3.0%~17.8%で最低3.0%の金利は業界最低水準となっています!
このことから、消費者金融のおまとめローンとして利用している人が多く、借り換えによって毎月の返済が軽減できる場合があります。
オリックス銀行カードローン
>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<

低金利の銀行ローンならイオン銀行カードローンBIG!

あくまで金利を安く借りたいのであれば、イオン銀行カードローンBIGが最も低金利と言えます。金利は3.8%~13.8%で、最高でも13.8%の金利は今の無担保・無保証の銀行ローンでは飛び抜けています。

そして尚且つ、100万円以上の限度額で審査が通れば、金利は年8.8%以下!通常200万円以上などの限度額でなければ銀行ローンでも10%以下の金利は難しいのですが、イオン銀行カードローンBIGでは、100万円以上から金利が1桁となっています。

イオン銀行は総量規制対象外の為、年収3分の1制限が無く、専業主婦でも最高50万円まで融資可能となっています。

そのかわり、審査時間が長く、2週間程度はかかってしまします。しかし、この低金利は2週間待っても良いほどのクオリティと言えるでしょう。とりあえずカードローンを1枚持っておきたい人や、借入までの日数が比較的余裕がある人はイオン銀行カードローンがおすすめなのです。

>>イオン銀行カードローンBIG公式サイトはこちら<<

銀行カードローンでも即日振込融資可能なのは新生銀行カードローンレイクだけ!

銀行カードローンの全てが即日に銀行口座へ振込融資ができないわけではありません。数少ないですが、新生銀行カードローンレイクは、元消費者金融大手だったこともあり、今は銀行カードローンでも即日振込融資ができるのです!
条件としては、平日14時までに、お申込みと必要書類の確認の完了が必要ですが、それは他の消費者金融でも同じことなので、銀行カードローンで申込み当日に借りたい人はレイクがおすすめと言えます。

>>新生銀行カードローンレイク公式サイトはこちら<<

消費者金融なら当日振込で融資が受けられる!

GREEN_SU20140125500
消費者金融のメリットは、当日に自分の銀行口座に振込融資をしてくれることです。えっ?それが普通じゃないの?と思う人もいるでしょうが、申込みしたその日に自分名義の銀行口座に融資ができるのは、消費者金融だけなのです。

それほど、即日審査・即日融資のノウハウは高く、他には真似できないことです。現実、銀行カードローンは金利が安いですが、まず即日融資に対応しているところは、ほとんどありません。

銀行カードローンはカード発行後に融資となる場合がある為、カード発行に時間がかかる、又は、その銀行の口座を開設後に振込融資となるので、口座開設までに時間がかかるなどの理由から即日に自分名義の口座に振込はできないのです。

消費者金融は金利は高いけれど、それに見合ったサービスを提供していることで需要があるのです。

お金かりるところで安いのは?の結論は銀行カードローンですが、即日融資は期待できないということが、まとめになります。

消費者金融ならプロミスがおすすめ!

消費者金融で借りるならプロミスが断然におすすめです!実質年率4.5%~17.8%の低金利に加え、プロミスポイントサービス申込で、30日間無利息サービス有!
そして、審査は消費者金融でも最短30分のスピード審査で、平日14時までにWEB契約完了で即日融資も可能となっています!
知名度・人気ともにNO.1の消費者金融です。
300×250
>>プロミス公式サイトはこちら<<

消費者金融審査を通すポイントとは?

PAK57_hu-nsoredetoreikokunamanazasi500
消費者金融の審査を通すポイントについて、考えたことがありますか?消費者金融の審査は属性(年収や勤続年数、居住年数)などを点数化して自動的に審査結果を出すスコアリングシステムが採用されていますが、実は審査を通すポイントは属性審査だけでは無く、信用情報による審査が大部分を占めているんです。

信用情報の審査が全体に占める割合は7割以上とも言われており、逆に言えば、信用情報の審査を通過することが消費者金融審査を通すポイントとも言えるのです!

指定信用情報の審査とは?

改正貸金業法では、融資の審査の場合には、必ず指定信用情報機関の信用情報を照会することを義務付けています。要するに、貸付の審査をする場合には絶対的に信用情報を調べなければいけないのです。

では、その信用情報とはどのようなことが記録されているのか?信用情報には下記の事項が詳細に登録されているのです。

  • 氏名・生年月日・住所・自宅電話番号・携帯電話番号・勤務先・勤務先電話番号
  • 借入件数・借入残高・前回返済日・次回返済期日
  • 延滞・債務整理・破産・法的手続き等の事故情報
  • 融資申込みした件数・日付
  • 返済の延滞の有無など、直近の返済状況
  • 貸金以外の借入情報

指定信用情報機関に登録されている信用情報の大部分は上記の項目です。この項目によって、多くの人が審査に通過するか落ちるかが決まると言っても過言ではありません。

まず、見るべきところは、消費者金融であれば、総量規制です。総量規制とは年収3分の1を超える貸付を禁止としていますので、信用情報によって借入残高の総額が年収1/3を超えていた場合は、その時点で融資は断りになります。

また、事故情報も第一に見るべき項目とも言えます。信用情報の事故情報は5年を超えない期間消えることはありませんので、過去に3か月以上延滞をした人や、債務整理、破産、債権者側から訴訟手続きをされた情報などがあれば、審査は通らないでしょう。

そして、申込み件数も大きく関係があります。先ほど、融資の際は必ず指定信用情報を照会することが決められていると説明しましたが、この信用情報を照会した件数も記録されているのです。

その為、申込みを3社以上している場合、信用情報によって、分かることから、あまりにも多い申込みは不審と見なされ審査に通らなくなる原因とも言えます。

信用情報の審査以外には属性と在籍が重要となります

ce3be5afbd4a635e092408743113d127_s
信用情報以外の審査であれば、やはり属性の審査も重要と言わざるを得ません。具体的には、極端に居住年数や勤続年数が少ない人は要注意です。
例えば、会社に入ったばっかりの人で、勤続年数が3か月未満の人などは、勤務先に対する安定性が無いので、もしかしたらすぐに辞めてしまう人もいます。審査では無職はもちろんですが、収入が無くなる要因がる人は悪い評価を受けるのです。

勤続年数が短いのはその典型的な例とも言え、勤続10年の人と、勤続2か月の人では、どちらが信用があると考えれば、もちろん10年の人になります。

その為、勤続年数も居住年数も最低でも半年はクリアしておきたい項目と言えます。

その他によるあるのが、年収をごまかしているパターンです。消費者金融やその他銀行カードローンも、多くの人を審査しています。給料明細や源泉徴収票もかなりの数を見て保管しています。

その為、申込み者の年齢・勤務先・勤続年数、役職などを見れば、大体どれぐらいの年収があるのか、過去のデーター等から予想ができるのです。

もし、年収400万円の人が800万円で申告して申込みしたとしても、かなりの確率で収入証明書の提示を求められるでしょう。50万円以下ならば原則収入証明書は不要で借りられるのですが、属性から見ておかしい年収などの場合は本当かどうか、年収証明を出すように言われてしまいます。

そして、それが提出できなければ年収は嘘の可能性が高いと判断され、審査に通らなくなる可能性が大きいでしょう。このことから、年収を嘘をつくのは大きなデメリットとなりますので、ありのままの年収を申告することが大切なのです。

消費者金融審査を通すポイントまとめ

消費者金融の審査のポイントとなるのは、借りているローンを延滞していないことが最重要ポイントです。延滞の有無は信用情報で分かるので、もし今返済が遅れているのであれば支払をしてから審査申込みすることをおすすめします。

そして、過去に3か月以上延滞したことがある人や、債務整理や自己破産をした人で5年未満の人は、正直、審査に通ることは諦めた方が良いでしょう。信用情報の事故情報というのはかなり強力ですので、一発でアウトになるからです。

その他にもポイントはいくつもありますが、大きなポイントは説明したことが大部分です。これだけでもクリアしている人は、高確率で審査に通ると思われます。

オリックス銀行カードローン審査で借りるポイント!

カードローン審査オリックス銀行カードローンは今、カードローン業界では注目と人気の商品となっています。その理由は、まず審査が長いとされる銀行カードローンでも最短即日審査になっている点です。

消費者金融が審査が早いのは多くの人が知っている事実ですが、それが消費者金融のウリであり、すぐに借りられる!という魅力に惹かれて消費者金融へ申込みする人も多いと思います。

消費者金融は短期的な小口融資となっており、住宅ローンなどの長期的な返済商品ではありません。

あくまで短期で、少額融資をその人の信用だけで貸すことが消費者金融の存在意義であり、そのため、金利は高くなっています。

消費者金融の金利が高いとよく言う人は、まずそこらへんの知識が低いように思えて仕方ありません。住宅ローンや自動車ローンなどの担保付融資で、長期返済を前提としている商品と、消費者金融の短期・小口融資を比べることは、間違っており、それぞれに合った金利設定が必要となっているからです。

住宅ローンは30年や35年返済ですので、それだけ長期的な返済で金利を低くしなければ、大部分の人は返済不能になってしまします。

数千万という大きな金額を貸すには、それなりに金利を低くしなければ返済ができないのです。

その点、消費者金融は短期・小口融資の為、金利が高くても返済はある程度可能になっています。

オリックス銀行カードローンの借入ポイント

話が、銀行と消費者金融にずれてしまいましたが、オリックス銀行カードローンは銀行が融資する低金利ローンです。金利は3.0%~17.8%となっており、最高金利はプロミスと一緒ですが、最低金利はカードローン業界でもトップと言える安さなのです。

そのオリックス銀行カードローン審査から借りるには、まず、年収が200万円以上、専業主婦は借入不可、そしてオリックス・クレジット(株)の審査を通ることが絶対条件です。

オリックス・クレジット株式会社はオリックス銀行カードローンの保証会社となっていますので、ここの審査に通らなければ借りることができません。

しかし、審査に通ったのならば、オリックス銀行カードローンの審査も通る可能性が高いと思ってください。

オリックス銀行カードローンで借りるポイントは、保証会社のオリックス・クレジット(株)の審査を通ることなのです!

総量規制対象外へ申込みした方が有利なのか?

平成22年に貸金業規制法から貸金業法へと改正になり、借入は自分の年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。

これを総量規制と言います。総量規制ができた目的は多重債務者を減らすことですが、規制を受けるのは貸金業登録している消費者金融やクレジット会社、信販会社だけで、銀行が貸し出す融資には総量規制は適用されないのです。

このことから、銀行貸付にについては総量規制対象外となっており、消費者金融で借りることのできない年収3分の1以上のゾーンでも借りられると評判になっています。

総量規制対象外は年収3分の1以上本当に借りられるのか?

銀行が貸付している銀行カードローンは総量規制対象外のカードーンとなっていますが、重要なのは、本当に消費者金融で借りられない人でも銀行カードローンで借りれるのか?という問題です。

答えは、借りられる可能性もありますが、ごく少数の人しか借りられませんということです。

消費者金融がいくら総量規制で年収1/3規制があると言っても、銀行は消費者金融よりも当然審査は厳格になっています。そもそも、銀行カードローンの保証会社は消費者金融などの貸金業者になっていますので、第一段階の審査として、消費者金融などの審査に通らなければなりません。

保証会社の審査は総量規制が無い?

では、どっちみち借りれないじゃん!と思うかもしれませんが、銀行カードローンの保証会社の審査では総量規制は関係無いと言っても良いのです。なぜなら、銀行は総量規制対象外となることから、保証会社の審査にも年収1/3は制限されないからです。

だからと言って、多重債務の人が銀行カードローンへ申込みしても審査に通ることはできません。ごく少数の人は消費者金融で借りられなくても銀行から借りれると言ったのは、大会社に長年勤務している人や、持家でローンが無い人、世帯収入がかなり多い人など、「属性」が非常に高い人に限られます。

お金を貸すということは、最終的に返してもらわなければなりません。消費者金融では年収3分の1というラインがありますが、銀行カードローには無いので、本当にその人の信用度が高く、返済能力があると判断すれば、銀行カードローンで借りれられる可能性はあるのです。

しかしながら、借りられる人はほんの一握りと言える人数です。もし、あなたが自分自身の与信が高く、年収3分の1を超えても返せる自信と根拠があるならば、総量規制対象外の銀行カードローンへ申込みしてみてもいいでしょう。

これはあくまで負債が総量規制オーバーしている人の話であって、もとも借金があまり無い人は、最初から銀行カードローンへ申込みした方が低金利で借りられるのは確実です。

アコムの審査は通りやすいのか?

消費者金融大手のアコムは審査通過率が高いと評判になっています。審査通過率とは、新規の顧客に対して融資した割合のことを言い、貸付成約率との言います。

消費者金融大手の貸付成約率は今現在40%~50%以下程度となっていますが、これはアコムだけでは無く、プロミスも同じ程度の貸付率です。

消費者金融は大手ほど貸付率が良いわけですが、これは意外!と感じる人が多いようです。中小の小さい消費者金融の方が誰にでも貸すイメージがあり、大手の銀行系消費者金融ほど審査が厳しいイメージがあるのでそう思うらしいですが、中小の消費者金融の貸付率は今約10%程度で、10%を下回っているところも珍しくありません。

中小消費者金融は客層と総量規制によって貸せない状態

中小の消費者金融は決して貸し渋りをしているのではなく、融資自体することが難しい状況に今なっているのです。

総量規制によって、貸付は年収の3分の1までしか貸付できず、また、中小の消費者金融に申込みしてくる人達は大手消費者金融に断られた人がほとんどで、その内容は信用情報に事故情報があったり、以前破産した人、債務整理中の人など、ほとんどは貸せないような人たちばかりなのです。

通常、キャッシングをしようと思ったら、最初は大手消費者金融から申込みしますよね?だから当たり前ですが、大手はまだ借入が無い人の申込みが普通であり、勤続年数などの属性がよっぽど悪くなければ、普通は融資を受けることができます。

しかし、それでも貸付率は今40%~50%未満ということは、半分以上の人は大手消費者金融の審査に通っていないと言うことができるのです。

これが多いのか、少ないのかは、捉える人によって変わるでしょうが、アコムが断トツに貸付率がいいと言うわけでもありません。

しかしながら、アコム審査は最短30分の早い審査と、無人契約機が21:00まで受付している便利さによって、人気の消費者金融には間違いがありません。アコムは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの保証会社にもなっており、もし先を見越してバンクイックで借りようと思っている人は、先にアコムで審査が通るかどうか確かめてみるのも良いかもしれません。

カードローン即日融資で選ぶならどこ?

カードローンは早く借入ができることに越したことはありません。審査で何時間や何日もかかるようでは、いざ利用しようと思った時に、借りられないカードローン会社では意味がないのです。

カードローンとは、借入後、毎月最低支払額以上返済すれば一括で返す必要もなく、ある意味、自分自身で返済を調節できるのが大きな特徴です。

カードローン即日融資で選ぶならどこが良いのでしょうか?この質問に関して答えていきたいと思います。

カードローン即日融資なら消費者金融へ!

カードローン即日融資を重視で選ぶなら、間違いなく消費者金融を選ぶようにしましょう。審査が早い=即時融資可能という図式は間違っていません。又、銀行カードローンになると、保証会社の審査や口座開設の審査も入ってくるので、最も早く審査が終わるのは消費者金融です。

消費者金融であれば、どこでも大体審査時間は最短30分と言っています。新生銀行グループのノーローンに関しては審査時間最短20分と書いてあり、消費者金融でも最速となっています。

しかし、注意したいのは、大手消費者金融ではなく、中小の消費者金融の場合です。中小の消費者金融は審査時間最短30分と書いてあっても、まず、30分で回答がくることはありません。

会社規模が小さければ小さくなるほど、顧客への接客対応レベルは下がって行き、中小などになると、お金を借りたいならば、文句を言わずに待ってろと言わんばかりの対応を取られこともざらです。

しかし、大手であれば、その辺は大丈夫です。銀行系消費者金融であり、今の大手消費者金融はすべて銀行と関係がありますので、接客対応一つとってみても、丁寧で満足できるものでしょう。

カードローンと言われると銀行カードローンを想像してしまいますが、消費者金融も立派?なカードローンです。

カードローン審査が早いのは?

カードローン審査時間で選ぶならどこでしょう?この質問に答えるならば、消費者金融カードローンとなります。

消費者金融カードローンとは、アコムやプロミスなどのローンですが、これらは審査時間最短で30分!ノーローンであれば最短20分の審査時間となっています。

キャッシングやカードローンの審査で意外に時間がかかるなと思った人は多いでしょう。広告等には審査時間30分と書いてありますが、これはあくまで最短の場合です。

カードローンなどのキャシング会社は5日ごとの日が忙しくなります。5,10,15,20,25,30(月末)これらの日は、お客様からの返済や問い合わせが多くなるので、審査時間も長くなってしまうのです。

カードローンの審査に申し込みするならば、月初や月末は絶対に避け、5日ずつの日も避けることをオススメします。

大体、12日~19日までの中旬であれば、比較的業務も落ち着いており、早ければ最短の30分で審査結果がでることも期待できます。

銀行カードローンは審査が遅いです

それに比べて銀行カードローンは消費者金融に比べて審査時間が長くなっています。それは、銀行カードローンの審査には、保証会社の審査も入ることから、消費者金融とは違い、2社の審査になる場合もあるからです。

又、口座開設が条件となっている銀行カードローンもあることで、口座開設の手続きも含めれば消費者金融の審査の方が断然に早いのです。

しかし、銀行カードローンでもローン審査が早いのはあります。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは銀行カードローンでありながら、審査時間は消費者金融と同じ最短30分!

これは銀行カードローンの中でも最速となっています。ではバンクイックに申込みしよう!と思う人もいますが、バンクイックのデメリットは当日に融資を受けるには、テレビ窓口よりカードを即日発行してもらわなければ即日融資ができないことです。

消費者金融会社は自分名義の銀行口座へ申込み当日に振込融資が可能ですが、バンクイックは即日振込は対応していません。その為、テレビ窓口へ行かなければならないデメリットがあり、消費者金融と審査時間は同じですが、足を運ばなければならないことを注意しておかなければなりません。

消費者金融のおすすめならここ!

消費者金融おすすめNo.1消費者金融おすすめはどこ?とよく聞かれることがあります。最初にキャッシングする場合、誰もが頭に浮かぶのは消費者金融ですよね?

では、実際に消費者金融で借りようと思った時、どこに申込みしますか?頭に浮かんだものは、大手消費者金融のアコムやプロミス、ノーローン、モビットなどではないでしょうか?

その中からどこがおすすめなのか聞かれますが、元消費者金融の私が言うのは、断然にアコムです!

なぜアコムがおすすめなの?

アコムがおすすめな理由
なぜアコムがおすすめなのか?正直言って、今の消費者金融はどこに申込みしてもあまり変わりません。変わらないというのは、どこから借りても金利はほとんど18%近くで同じで、サービスも満足するほどレベルが上がっているからです。

昔のようなサラ金のイメージはとっくに過去のもので、消費者金融の接客サービスや利用者満足度はかなり高いものとなっています。

その理由は、消費者金融市場は2010年6月の貸金業法改正により、上限金利が29.2%⇒20%へ引き下がり、総量規制という、年収3分の1までしか借りられない法律ができたことで、大手以外の中堅以下消費者金融は経営困難となり、ことごとく倒産・廃業となりました。

過去に消費者金融最大手だった武富士も今はいません。上場会社が倒産するほど、消費者金融業界は規制強化の流れで、銀行と資本提携等しなければ生き残りはできない市場となってしまったのです。

今の大手消費者金融はすべてが銀行系

銀行系消費者金融
今営業している消費者金融の大手はほとんどが銀行系の消費者金融です。銀行系とは、銀行の子会社やグループ会社のことで、銀行傘下に入ることで消費者金融の経営基盤を強くすることができます。

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、プロミスはSMFGグループ、ノーローンは新生銀行グループ、モビットは三井住友銀行グループとなっています。大手で唯一独立系となっているのはアイフルです。

個人的には独立系のアイフルに頑張ってもらうことを期待していますが、実際にはやはり銀行との提携が無ければ厳しい経営環境になるでしょう。それほど、今の消費者金融業界の金利や規制は厳しいのです。

話がかなりそれましたが、要するに銀行の子会社やグループ会社の銀行系消費者金融はそれだけ接客にしても、会員サービスにしても充実しており、特にアコムはもはや銀行レベルと言ってもよいほど、電話対応も丁寧です。

金利は4.7%~18.0%、限度額は500万円で、特徴は審査時間は最短で30分!そして最短即日融資も可能なスピード融資にあります!

消費者金融の利点は申込みしたその日に借りれることが大きな魅力です。これは銀行カードローンには無い消費者金融最大のノウハウなのです。

その中でも、審査スピードと即日融資の早さはアコムがNo.1と言えます。そして、今アコムは期間限定で無利息(金利0円)キャンペーン実施中なのです!

平成26年3月10日~6月30日まで、アコムで申込みすれば30日間無利息サービスが付きます!無利息サービスはプロミスやノーローンが行っていましたが、アコムも期間限定で無利息をしています。

キャンペーン中の消費者金融は審査が通りやすい?

キャンペーン中は審査が通りやすい重要なことは、キャンペーン中の消費者金融へ申込みする!ということなのです。なぜなら、消費者金融も当然に貸付目標があり、特にキャンペーンであれば、融資残高目標は各支店競争しているわけです。

例えば、普通に申込みして審査が通らなかった人でも、キャンペーン中の消費者金融へ申込みすると、審査が通ったという口コミは良く見かけます。

今、どこの消費者金融へ申込みしようか迷っている人は、最大手であり、キャンペーン中のアコムをおすすめします。

収入証明書不要でお金を借りる方法

収入証明不要カードローン
消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、必ず収入証明書が審査で必要になるケースがあります。

収入証明書が必要となるのは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングで、借入限度額が50万円を超える場合、そして他の貸金業者との借入と合わせ100万円を超える場合です。

この場合は貸金業法によって、消費者金融会社などは審査時に申込み者の収入証明書(源泉徴収票・確定申告書・所得証明書・給料明細書直近2ヵ月分等)を取得しなければならないことになっているのです。

しかし、収入証明書不要でもお金を借りることはできるのです!具体的な方法を書いていきます。

収入証明書不要でお金を借りるには

収入証明書不要でお金を借りるには、貸金業者(消費者金融やクレジットカードのキャッシング)であれば、まずは希望限度額を50万円以下で申込みすることです。

そして、今現在の消費者金融やクレジットカードのキャッシング利用残高を計算して、今回申込み金額と合算しても100万円を超えないような申込み金額を書かなければなりません。

以上のことで、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでも収入証明書は不要で借りられます。しかし、消費者金融等の審査で、収入証明書が必要と判断されれば、提出を求められることはあります。

その場合は提出しなければ審査結果は出ない可能性が高くなります。貸金業法では、50万円以下で他の貸金業者と合わせた借入が100万円以下なら原則収入証明書は不要でOKとしていますが、あくまで原則としているだけで、貸付側の審査によって、必要になる場合もあるのです。

銀行カードローンなら収入証明書は不要!

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは50万円を超える場合に収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンであればその金額は最低でも100万円までと倍になります。

銀行カードローンは貸金業者では無く、総量規制は関係がりません。その為、100万円以下なら収入証明書不要としている銀行カードローンがほとんどで、中にはオリックス銀行カードローンのように、300万円以下は収入証明書不要としている銀行カードローンもあります。

イオン銀行カードローンBIGは100万円以下で収入証明書不要となっています。このように、収入証明書不要で借りるならば、圧倒的に銀行カードローンへ申込みした方がメリットが高いのです。

収入証明書不要で借りる方法とは、銀行カードローンへ申込みすることなのです。300万円まで収入証明書不要なオリックス銀行カードローンなら、おまとめローンや借り換えローンでも300万円以下ならば原則収入証明書は必要ありません。

消費者金融へ申込みするよりも、低金利で収入証明書不要、そして限度額も高い銀行カードローンがおすすめです。

おまとめローン比較の注意点

おまとめローンを選ぶとしたら、どこのおまとめローンを選びますか?正直、借り換えローンと、おまとめローンは専門家でなければ、なかなか分かりづらい部分もあると思います。

そのこともあって、借り換えローンやおまとめローンにしたくてもなかなか勇気が出せずに今の契約のままずるずると返済している人は意外に多いのではないでしょうか?

おまとめローンも、借り換えローンもきちんと契約すれば非常に大きな効果があります。例えば、消費差者金融から50万円を金利18%で3社借りているとします。

その場合、1ヵ月(30日間)の利息は1社につき、7,397円かかり、3社で22,191円になります。

しかし、これを10%のおまとめローンで一本化した場合、金利10%、残高150万円ならば1か月(30日間)の利息は12,328円となり、毎月の差額は―9,863円にもなるのです。

約1万円の利息も違った場合、誰もがおまとめローンで一本化したいと思うはずです。ですが、おまとめローンはメリットが非常に大きいですが、少なからずデメリットも存在しているのです。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリットは、あくまでおまとめする資金しか基本的には借りられないことです。例えば150万円負債があったのならば、おまとめローンで借りれるのは150万円+完済日までの利息で、余分に使途自由としてお金を借りることは、あまりできません。

全くできないわけでは無く、負債が少ない人などであれば、返済能力にまだ余力があると審査で見られた場合、おまとめ分+使途自由のお金として融資を受けることは充分に可能です。

しかし、金額が高額になれば、なかなか返済能力を厳しく見られるので、あくまでおまとめ分しか融資をしてくれない場合が多くなると言えます。

又、もう一つのデメリットとして、おまとめローンで借りた後は、基本的に限度額内で追加借りれはできないと思っていた方が無難です。

特に消費者金融のおまとめローンは、返済方式が元利均等返済となっている場合が多く、その場合は最初から返済のみの契約になっている為、おまとめ後に冠婚葬祭などの急な出費があったとしても、借りることはできませんので、自分で何とかしなければなりません。

その場合、他の消費者金融等からキャッシングしたら、場合によっては契約違反となることもある為、注意が必要です。契約違反となれば、分割返済はできませんので、消費者金融会社から一括返済を迫られてしま士ます。

おまとめローンとは、あくまで借金を早期完済する目的のローンであることを忘れてはなりません。ですから、おまとめした後に借金を増やすことはご法度なのです。

おまとめローンは数多くの消費者金融、銀行カードローンが出していますが、分かりやすくまとめているのは、おまとめローンサイトになります。おまとめローンを検討している人なら、参考になると思います。