消費者金融のおすすめならここ!

消費者金融おすすめNo.1消費者金融おすすめはどこ?とよく聞かれることがあります。最初にキャッシングする場合、誰もが頭に浮かぶのは消費者金融ですよね?

では、実際に消費者金融で借りようと思った時、どこに申込みしますか?頭に浮かんだものは、大手消費者金融のアコムやプロミス、ノーローン、モビットなどではないでしょうか?

その中からどこがおすすめなのか聞かれますが、元消費者金融の私が言うのは、断然にアコムです!

なぜアコムがおすすめなの?

アコムがおすすめな理由

>>アコム公式サイトはこちら<<

なぜアコムがおすすめなのか?正直言って、今の消費者金融はどこに申込みしてもあまり変わりません。変わらないというのは、どこから借りても金利はほとんど18%近くで同じで、サービスも満足するほどレベルが上がっているからです。

昔のようなサラ金のイメージはとっくに過去のもので、消費者金融の接客サービスや利用者満足度はかなり高いものとなっています。

その理由は、消費者金融市場は2010年6月の貸金業法改正により、上限金利が29.2%⇒20%へ引き下がり、総量規制という、年収3分の1までしか借りられない法律ができたことで、大手以外の中堅以下消費者金融は経営困難となり、ことごとく倒産・廃業となりました。

過去に消費者金融最大手だった武富士も今はいません。上場会社が倒産するほど、消費者金融業界は規制強化の流れで、銀行と資本提携等しなければ生き残りはできない市場となってしまったのです。

今の大手消費者金融はすべてが銀行系

銀行系消費者金融
今営業している消費者金融の大手はほとんどが銀行系の消費者金融です。銀行系とは、銀行の子会社やグループ会社のことで、銀行傘下に入ることで消費者金融の経営基盤を強くすることができます。

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、プロミスはSMFGグループ、ノーローンは新生銀行グループ、モビットは三井住友銀行グループとなっています。大手で唯一独立系となっているのはアイフルです。

個人的には独立系のアイフルに頑張ってもらうことを期待していますが、実際にはやはり銀行との提携が無ければ厳しい経営環境になるでしょう。それほど、今の消費者金融業界の金利や規制は厳しいのです。

話がかなりそれましたが、要するに銀行の子会社やグループ会社の銀行系消費者金融はそれだけ接客にしても、会員サービスにしても充実しており、特にアコムはもはや銀行レベルと言ってもよいほど、電話対応も丁寧です。

金利は4.7%~18.0%、限度額は500万円で、特徴は審査時間は最短で30分!そして最短即日融資も可能なスピード融資にあります!

消費者金融の利点は申込みしたその日に借りれることが大きな魅力です。これは銀行カードローンには無い消費者金融最大のノウハウなのです。

その中でも、審査スピードと即日融資の早さはアコムがNo.1と言えます。そして、今アコムは期間限定で無利息(金利0円)キャンペーン実施中なのです!

平成26年3月10日~6月30日まで、アコムで申込みすれば30日間無利息サービスが付きます!無利息サービスはプロミスやノーローンが行っていましたが、アコムも期間限定で無利息をしています。

キャンペーン中の消費者金融は審査が通りやすい?

キャンペーン中は審査が通りやすい重要なことは、キャンペーン中の消費者金融へ申込みする!ということなのです。なぜなら、消費者金融も当然に貸付目標があり、特にキャンペーンであれば、融資残高目標は各支店競争しているわけです。

例えば、普通に申込みして審査が通らなかった人でも、キャンペーン中の消費者金融へ申込みすると、審査が通ったという口コミは良く見かけます。

今、どこの消費者金融へ申込みしようか迷っている人は、最大手であり、キャンペーン中のアコムをおすすめします。

アコム

>>アコム公式サイトはこちら<<

収入証明書不要でお金を借りる方法

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、必ず収入証明書が審査で必要になるケースがあります。

収入証明書が必要となるのは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングで、借入限度額が50万円を超える場合、そして他の貸金業者との借入と合わせ100万円を超える場合です。

この場合は貸金業法によって、消費者金融会社などは審査時に申込み者の収入証明書(源泉徴収票・確定申告書・所得証明書・給料明細書直近2ヵ月分等)を取得しなければならないことになっているのです。

しかし、収入証明書不要でもお金を借りることはできるのです!具体的な方法を書いていきます。

収入証明書不要でお金を借りるには

収入証明書不要でお金を借りるには、貸金業者(消費者金融やクレジットカードのキャッシング)であれば、まずは希望限度額を50万円以下で申込みすることです。

そして、今現在の消費者金融やクレジットカードのキャッシング利用残高を計算して、今回申込み金額と合算しても100万円を超えないような申込み金額を書かなければなりません。

以上のことで、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでも収入証明書は不要で借りられます。しかし、消費者金融等の審査で、収入証明書が必要と判断されれば、提出を求められることはあります。

その場合は提出しなければ審査結果は出ない可能性が高くなります。貸金業法では、50万円以下で他の貸金業者と合わせた借入が100万円以下なら原則収入証明書は不要でOKとしていますが、あくまで原則としているだけで、貸付側の審査によって、必要になる場合もあるのです。

銀行カードローンなら収入証明書は不要!

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは50万円を超える場合に収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンであればその金額は最低でも100万円までと倍になります。

銀行カードローンは貸金業者では無く、総量規制は関係がりません。その為、100万円以下なら収入証明書不要としている銀行カードローンがほとんどで、中にはオリックス銀行カードローンのように、300万円以下は収入証明書不要としている銀行カードローンもあります。

楽天銀行カードローンは200万円以下で収入証明書不要となっています。このように、収入証明書不要で借りるならば、圧倒的に銀行カードローンへ申込みした方がメリットが高いのです。

収入証明書不要で借りる方法とは、銀行カードローンへ申込みすることなのです。300万円まで収入証明書不要なオリックス銀行カードローンなら、おまとめローンや借り換えローンでも300万円以下ならば原則収入証明書は必要ありません。

消費者金融へ申込みするよりも、低金利で収入証明書不要、そして限度額も高い銀行カードローンがおすすめです。

おまとめローン比較の注意点

おまとめローンを選ぶとしたら、どこのおまとめローンを選びますか?正直、借り換えローンと、おまとめローンは専門家でなければ、なかなか分かりづらい部分もあると思います。

そのこともあって、借り換えローンやおまとめローンにしたくてもなかなか勇気が出せずに今の契約のままずるずると返済している人は意外に多いのではないでしょうか?

おまとめローンも、借り換えローンもきちんと契約すれば非常に大きな効果があります。例えば、消費差者金融から50万円を金利18%で3社借りているとします。

その場合、1ヵ月(30日間)の利息は1社につき、7,397円かかり、3社で22,191円になります。

しかし、これを10%のおまとめローンで一本化した場合、金利10%、残高150万円ならば1か月(30日間)の利息は12,328円となり、毎月の差額は―9,863円にもなるのです。

約1万円の利息も違った場合、誰もがおまとめローンで一本化したいと思うはずです。ですが、おまとめローンはメリットが非常に大きいですが、少なからずデメリットも存在しているのです。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリットは、あくまでおまとめする資金しか基本的には借りられないことです。例えば150万円負債があったのならば、おまとめローンで借りれるのは150万円+完済日までの利息で、余分に使途自由としてお金を借りることは、あまりできません。

全くできないわけでは無く、負債が少ない人などであれば、返済能力にまだ余力があると審査で見られた場合、おまとめ分+使途自由のお金として融資を受けることは充分に可能です。

しかし、金額が高額になれば、なかなか返済能力を厳しく見られるので、あくまでおまとめ分しか融資をしてくれない場合が多くなると言えます。

又、もう一つのデメリットとして、おまとめローンで借りた後は、基本的に限度額内で追加借りれはできないと思っていた方が無難です。

特に消費者金融のおまとめローンは、返済方式が元利均等返済となっている場合が多く、その場合は最初から返済のみの契約になっている為、おまとめ後に冠婚葬祭などの急な出費があったとしても、借りることはできませんので、自分で何とかしなければなりません。

その場合、他の消費者金融等からキャッシングしたら、場合によっては契約違反となることもある為、注意が必要です。契約違反となれば、分割返済はできませんので、消費者金融会社から一括返済を迫られてしま士ます。

おまとめローンとは、あくまで借金を早期完済する目的のローンであることを忘れてはなりません。ですから、おまとめした後に借金を増やすことはご法度なのです。

おまとめローンは数多くの消費者金融、銀行カードローンが出していますが、分かりやすくまとめているのは、おまとめローン比較サイトになります。おまとめローンを検討している人なら、参考になると思います。

お金を借りるのは年収の3分の1迄です!

pixta_5381824_Sお金を借りる場合、いくらまで借入が可能か知っていますか?もちろん、貸付側の審査によりますが、消費者金融やクレジットカードからのキャッシングは総量規制という法律によって、年収の3分の1までしか借りることはできなくなったのです!

これは2010年6月より導入されており、今頃知った人は、ちょっと遅いぐらいです。

昔まで、年収が300万円の人でも、借りようと思えば、200万円ぐらいまでは借りれた時代がありました。

普通に考えれば年収300万円で借金が200万円あるのはおかしな話です。借りる本人にも問題はありますが、貸付する側にも過剰に貸し付けている問題が出てきます。

また、借金はギャンブルや交際費などの遊び金で借りる人もおり、そのような人達は、完済できる金額なのか考えることも無く、返済できる範囲内であれば借りてしまうものです。

例えば、10万円借りても、消費者金融などでは毎月5千円程度の支払をすれば一括で返済する必要はありません。このため10社より10万円、計100万円借りても毎月の返済は5万円となることから、まだ返済できると思って借りる人が多かったのも事実です。

このような問題から多重債務者が多くなり、自己破産は増え続けました。これらの原因により総量規制という年収3分の1までに貸付を制限する法律ができたのです。

総量規制でも借りたい人は→こちらが参考になります。

銀行は総量規制とは関係がありません!

しかし、総量規制はあくまで消費者金融などの貸金業者しか対象としていません。その為、銀行は貸金業者ではないので、総量規制対象外となり、年収3分の1の規制はかからないのです。

その為、消費者金融ではお金を借りることができなくても、銀行カードローンであれば、審査次第で年収3分の1以上でも借りれる可能性が出てきます。

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しいことから、銀行カードローンで年収3分の1以上借りることは現実的には少ないと思いますが、可能性が全くないわけでは無いのです。

オリックス銀行カードローンでは限度額300万円まで収入証明書は不要で審査ができ、イオン銀行カードローンBIGの審査では限度額100万円以下は収入証明書不要です。

収入証明書不要で審査可能と言うことは、返済能力はどこで判断しているのか?あくまで本人の申告によって判断しているとすれば、年収3分の1の規制がない銀行カードローンであれば、消費者金融では断られた場合でも借りれる可能性が0%とは言い切れないと思います。

しかしながら、そのように借りたとしても、結局は返済が厳しくなる一方です。くれぐれも借入は計画的に行うことと、できるだけ我慢することが大切なのです。

消費者金融でおすすめなのはアコム!

消費者金融でおすすめなのはアコムです。その理由は審査通過率(貸付率)にあります。お金を借りる場合、審査に通るかどうかが最も重要なことになりますが、1番審査に通過しやすいのは消費者金融会社です。

その中でも、アコムはトップクラスの審査通過率となっており、消費者金融の中でも断トツにおすすめと言えます。

そして、アコムは今金利0円キャンペーンを実施中!キャンペーン中の消費者金融はさらに審査通過率が上がると言われています。

アコムの金利は4.7%~18.0%で、限度額は最高500万円!正式審査結果回答まで最短30分+最短即日融資も可能と、消費者金融でもスペックはトップの内容となっています。

消費者金融で選ぶならばアコムをおすすめします。

アコム

>>アコム公式サイトはこちら<<

アコムでお金を借りる方法

お金を借りる時に真っ先に思いつくのは消費者金融ですよね?

消費者金融でも大手のアコムやプロミスがお金を借りる時に利用しやすいキャッシング会社の一つです。

消費者金融には銀行系と呼ばれる会社がありますが、銀行系とは銀行のグループ会社や子会社の消費者金融を指します。

消費者金融は昔、すべて独立して経営していましたが、融資資金は銀行から借りる場合が多く、資金調達コストが大きな問題でした。

貸金業法は繰り返し改正されてきており、その度に上限金利は引下げられ、昔は40.004%の上限金利が今は半分の20%まで金利は下がっているのです。

それだけ利用者にとっては、金利が安く借りられる為、メリットになっていることは確かですが、消費者金融会社は銀行から資金を借りて、顧客へ融資するのですが、調達金利と、融資金利の差が利ざやになっています。

例えば、銀行から3%で借りて、顧客へ20%で貸せば、利ざやは17%となりますが、その17%の中には貸倒引当金から、従業員の給料、家賃、経費など、すべてを払う必要があるのです。

そうなった場合、上限金利が下がれば下がるほど、消費者金融の経営は厳しくなることは間違い有りません。

Continue reading

お金を安く借りる方法

お金を安く借りる方法はいろいろありますが、第一に金利が安いキャッシングカードローンに申込みする事が第一条件と言えます。

キャッシングカードローンには、消費者金融系、クレジット会社系、信販系、銀行のカードローンがありますが、一番金利が安いのは銀行のカードローンです。

消費者金融、クレジット、信販ともに、ノンバンクとなりますので、当然融資するお金は調達コストが必ずかかります。

その為、調達コスト分も金利に上乗せられることから、銀行と比べればやはり金利は高くなるのは仕方がないことなのです。

銀行のカードローンなら金利も安く、審査のメリットもある

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が安く借入ができます。それに加えて、審査上でもメリットがあることを知っていましたか?

大きなメリットとしては、収入証明書の件です。消費者金融では50万円を超える借入をする場合、収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンでは100万円までは収入証明書不要で借入ができるのです。

収入証明書とは、源泉徴収票や、所得証明などが該当します。給料明細でも大丈夫ですが、給料明細は直近2か月分が必要になり、ボーナス分が加算されない為、年収が少なくなるデメリットがあります。

所得証明書や源泉徴収票はいつも持っている書類ではありません。所得証明は役所へ行けば発行してくれますが、わざわざ仕事中に役所へ行きくのもおっくうな話です。

その点を考えれば、銀行カードローンへ申込みした方が、提出書類も少なく融資を受けられるメリットがあるのです。

金利も安く、提出書類も少ないのであれば、銀行カードローンへ申込みした方が良いにきまっていますが、銀行カードローンは、即日(当日)に融資を受けられない場合があり、すぐに借りたい人には向いていない点もあります。

早く借りたいのであれば、金利が高い消費者金融、低金利で借りたいならば、融資まで日数を必要とする、銀行カードローン、どちらかにするべきでしょう。

あくまで、金利を重視するのであれば、銀行カードローンをおすすめします。収入証明書については、オリックス銀行カードローン審査は300万円まで収入証明書不要としていますので、収入証明書がなければ、そのようなカードローンへ申込みすることがおすすめです。

消費者金融は金利が高い?低い?

消費者金融の金利消費者金融は金利が高いのか?低いのか?それは人それぞれ捉え方が違うと思いますが、日本では一般的なイメージでは金利が高いと言われています。

今の消費者金融の法律上限金利は10万円未満で20%、10万円以上100万円未満で18%、100万円以上で15%が法律上限金利です。

消費者金融を一度も利用したことが無い人にとっては、10万円借りて、金利18%なんて、めっちゃ高い!と言うひとが約9割ぐらいはいるでしょう。

では、その人達に、消費者金融で10万円を借りて、一か月(30日間)の利息はいくらか知っているか?と聞くと、利用したことも無い人はまず、知らないと言います。

利用したことも無く、利息を知らないのに、年率18%と聞いただけで高いと言っているのです。

Continue reading

お金借りるところで安いのは?

お金を借りるところで安いのはどこなのか?よく聞かれる質問の一つです。まず、お金を借りるところはいくつもあります。

銀行、農協、労金、などの金融機関や、消費者金融、クレジット会社などの、ノンバンクからのキャッシング。

どこで借りるかによって、金利は違ってくるのは事実です。

しかし、お金を借りると思って、最初に考えるのは消費者金融とか、クレジットカードのキャッシングではないでしょうか?

お金を借りるところ=借金のイメージがまだ残っている為、借金=消費者金融と連想してしまうのです。

銀行からお金を借りると考えれば、住宅ローンや、リフォームローン、オートローンなどの目的ローンが挙げられます。

今の銀行はその目的ローンよりも、カードローンに力を入れており、銀行カードローンが低金利で、一番安くお金を借りるところと言えるのです。

Continue reading

キャッシングのおすすめはどこ?

キャッシングのおすすめはどこですか?と聞かれた場合、今ならはっきりと、銀行カードローンがキャッシングするうえで一番のおすすめと言います。

なぜ、銀行カードローンなのかと言えば、消費者金融やクレジットカードのキャッシングと比べて金利がかなり低いからです。

消費者金融なら50万円キャッシングした場合の金利は絶対と言っていいほど上限金利となり、消費者金融の多くは上限金利18%の為、50万円は金利18%で借りなくてはなりません。

しかし、銀行カードローンであれば、上限金利が15%以下になっているところが多く、具体的に言えば、みずほ銀行カードローンや、三菱東京UFJ銀行カードローン、楽天銀行カードローンはすべて上限金利15%以下となっています。

銀行カードローンで借りるデメリットはあるのか?

ここまで金利差が3%~4%も違うと、銀行カードローンで借りたときのデメリットがあるのではないか?と聞かれますが、デメリットはありません。一昔前であれば、クレジットカードからキャッシングした場合、必ずキャッシングした内容をハガキで郵送してきました。自宅へ郵送されると、奥さんや親にバレてしまうことから、クレジットカード会社にハガキの郵送を辞めてほしいと言っても法律的に無理ですと断られた時代があります。

消費者金融ではキャッシングしても、自宅に利用明細など送ってこないのに、クレジットカード会社は送ってくる。なぜなのか?貸金業法となる前、貸金業規制法の時代、まだ上限金利は29.2%で、グレーゾーン金利が残っていた頃です。

利息制限法を超える利息は顧客が任意で支払したものとしなければ無効となることから、クレジットカード会社はキャッシングした場合にいちいち利用明細を自宅に郵送してきたのです。

しかし、今はほとんどのクレジットカード会社もweb上で利用明細を確認でき、ショッピングの利用さえも、web上で確認すれば、自宅に書類は一切送ってこなくなったのです。

昔はクレジットカードのキャッシングは、これが1番のデメリットでした。銀行カードローンにはこのようなデメリットは全くなく、むしろメリットばかりのキャッシングカードローンと言うことができます。

最短即日審査・即日融資可能な銀行カードローンも登場しており、今後消費者金融会社はますます厳しい時代に入ると予想されます。

キャッシングおすすめならこのブログが参考になると思います。

総量規制対象外とは?

総量規制について知っている人はかなり、多くなりましたが、総量規制が完全施行した2010年6月18日当時、総量規制について知っている人は、ほとんどいなかった印象を受けます。

金融関係に勤務している人や、キャッシング等に詳しい人なら知っていましたが、一般の人は総量規制の内容など詳しく知らずに法律は完全施行を迎えました。

今まで借入で来ていた人も総量規制によって、いきなり追加融資が停止となったり、専業主婦の人は貸金業者からの借り入れは原則禁止となったことで、多少でも混乱するかと思いきや、意外に総量規制完全施行後もあまり変化がなかったように思えます。

話がそれましたが、総量規制とは消費者金融などの貸金業者に対する規制で、原則年収の3分の1を上回る貸付を禁止とした法律です。

ですから、例えば年収300万円の人なら、最大借りれる金額は100万円まで、年収600万円の人なら最大200万円までしか借りられなくなります。

総量規制が入る前は、年収300万円の人が普通に消費者金融数社から200万円程度の借金があることは珍しくありませんでした。珍しくないという感覚も、貸金業者の過剰貸付けと言われる一因になっていると思いますが、それほどの借金があっても、借金返済不能にならず、全額一括返済する人は多くいました。

当時勤務していた消費者金融会社でも、これだけ借金があるのに、よく一括で返済できるなーと感心したものです。結局のところ、債務者の返済能力と言うのは債権者側では明確には分かりません。分かるのは本人だけなのです。

総量規制対象外のキャッシングカードローン

総量規制ができてから少し経って、総量規制対象外なる言葉が出てきました。総量規制とは、年収の3分の1までに貸付を制限する法律ですが、総量規制対象外とは、総量規制の規制を受けないことだそうです。

総量規制には総量規制除外貸付と、総量規制例外貸付がありますが、総量規制対象外貸付などは、ありません、ただ単に、総量規制が関係ない銀行等の金融機関のキャッシングカードローンを総量規制対象外と呼んでいるのです。

確かに銀行からみれば総量規制も貸金業法も全く関係がありません。しかし、個人向けに積極展開する予定だった、銀行カードローンは総量規制によって消費者金融が貸付率・貸付残高とも激減している中、ここぞとばかりに残高UPを狙っているかのように貸付残高は増えています。

総量規制対象外のカードローンは総量規制の適用を受けないだけではなく、貸金業者のカードローンと比較してもメリットは数多くあるカードローンなのです。

もし、キャッシングカードローンを近いうち借りる予定ならば、間違いなく総量規制対象外のカードローンを選ぶことをおすすめします。